【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

バンガード「Alta Pro 263 AGH」

〜ユニークな“ピストルグリップ雲台”が付属する三脚セット

 バンガード(Vanguard)というブランドをご存知だろうか。フォトおよびビデオ関連のアクセサリーを手がけて20年以上という老舗で、現在は三脚、カメラバッグ、ハードケース、双眼鏡などを手がけている。国内ではまだ知名度が低いものの、最近はカメラ量販店などで製品を見かけるケースが出てきた。そんなバンガードブランドのうち、今回は三脚と雲台のセットモデル「Alta Pro 263 AGH」を紹介したい。

Alta Pro 263 AGHに付属する雲台、GH-100の使用例

 Alta Pro 263 AGHは、アルミ三脚のAlta Pro 263 ATと、雲台のGH-100を組み合わせた商品。価格は4万4,000円。特徴的なのは、GH-100の方だろう。見ての通り、自由雲台にピストルの銃把のようなごついグリップがついたスタイルに目を奪われることだろう。

 基本的にはグリップのトリガーを握りこむととボールヘッドがフリーになり、離すと止まる仕組み。一般的な自由雲台と異なり、ノブを操作することなく動かせるので、被写体を追いながら常に片手で操作できる強みがある。耐荷重は6kg。似たような製品としては、スリックのグリップ雲台や、マンフロットのジョイスティック雲台が思いつくが、さらにアグレッシブな見た目が新鮮だ。

 また、グリップは360度回転させることが可能。例えば雲台全体を横倒しにして使う縦位置での撮影の際、グリップだけは横位置と同じように縦にして操作できる。さらに右手側のパノラマロックスイッチを緩めると、パン方向への水平回転が可能だ。パノラマ撮影や流し撮りで威力を発揮することだろう。

グリップが特徴的なGH-100。バンガードでは「ピストルグリップ」と呼んでいる
EOS 40DとAPO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSMを装着した状態
クイックシュー式を採用 クイックシューを外すと水準器が現れる
クイックシューは珍しい円形 クイックシューの裏側

 ちなみにボールヘッドはフリクション調整にも対応。グリップ手前のフリクションコントロールスイッチを緩めると、グリップを握らずに動かせるほどルーズになる。逆に締めると、グリップを握り込んだ状態でも動きがタイトになり、重いレンズを装着した際でも倒れにくくなる。

 その構造から、望遠レンズでの撮影に向いた雲台で、被写体を追いながら微調整を行なうような撮影に向いてそうだ。利き腕に関係なく操作できる点も特徴といえる。

 ただしトリガーが固く、握り込むにはそれなりの握力を要する。さほど握力に秀でているとはいえない筆者にとって、慣れるまで時間がかかったのも確かだ。とはいえ、手を離すと瞬時に止まるという本製品のメリットを優先するなら仕方がないところだろう。特に超望遠レンズなど重量級の装備を扱うなら、このメリットは見逃せないはずだ。

右端のつまみがフリクションコントロールスイッチ パノラマロックスイッチ


 一方、三脚のAlta Pro 263 ATは、最伸高1,730mm、伸高1,425mm、縮長715mmの3段三脚。耐荷重は7kgとなっており、デジタル一眼レフカメラによる本格的な撮影に対応する。脚ロックはレバー式。重量はGH-100と合わせて2.65kgだ。

脚を全て伸ばしたところ さらにセンターコラムをいっぱいまで伸ばした状態
脚をすべて縮めた状態
脚ロックはレバーロック式を採用 水準器を備える
ボタンの上部を押すことで開脚ロックが外れる ケースが付属。GH-100を装着したまま収納できた

 特徴的なのは、センターコラムの角度を180度まで変えられるMACC(マルチアングルセンターコラムシステム)だろう。三脚単体で超ローアングルや俯瞰撮影が行なえる仕組みで、グリップを回転可能なGH-100との相性も良い。開脚は最大80度。センターコラムを分割する仕組みはないが、MACCを活用すれば、ローアングルに問題はない。

センターコラムを留めているロックを外す センターコラムを引き出す
すると俯瞰撮影やローアングル撮影が可能。GH-100のグリップ部を回転させることで、様々な態勢での撮影が行なえる

 このシステムをしばらく試用して感じたのは、ライブビュー対応のデジタルカメラでの撮影や、動画撮影で威力を発揮するという点。特にフリーアングル液晶モニターを装備するライブビュー機との組み合わせは強力で、凝ったアングルの撮影が容易に行える。動画撮影では、フリクションコントロール付きのGH-100の操作性が役立ちそうだ。操作性や作り込みについては、他社の超高級三脚システムには敵わないものの、このシステムでなければ撮れないシーンがあるのも確か。アイデア次第で使い方が広がる点に魅力を覚えた。

 ちなみにバンガードでは、Altaシリーズの購入者全員にオリジナルアクセサリー4点をプレゼントする「Altaシリーズフェア」を12月末まで行なっている。プレゼント品は、カメラバッグ「Boston 10」、ミニ三脚「VS-10」、SDカードケース「DI Holder II」、クリーニングキット「CK-3」。カメラ量販店のほか、オンラインショップなどでの購入も対象となる。




(本誌:折本幸治)

2010/11/1 12:01