フォトアプリガイド

ViewExif

iPhoneでもExifをすぐ見たい

今回紹介する「ViewExif」は、iOSで簡単にExifデータを見られるアプリ。お馴染みの「写真」アプリで写真を見ながら、必要な時にサブメニューから簡単にアクセスできるよう作られている。

いわゆる画像ビューアーでは写真と同時にExifデータも確認できるものが多いが、これまでiOS上でExifを見ようとすると、対応する別アプリを開き、改めてカメラロールにアクセスし、同じ画像をもう一度探すという二度手間を強いられていた。

ViewExifをインストールすると、画像の共有先にViewExifのボタンが配置され、写真アプリから“この写真のExifを表示してね”とViewExifアプリに渡すようなイメージになる。

ViewExifで表示されるExifの一例。GPSデータも見られる

初期設定は、アプリをインストールしたあと、写真アプリの画面左下にある共有メニューからViewExifを「アクティビティ」に登録するだけ。

イマドキで親切だなと感じたのは、このアプリから画像を共有する時に、位置情報を残すか消すかが選べるところ。プライバシーの観点から、こうした予防線が用意されているのは嬉しい。

このアプリを利用できるのは、iOS 8.0以降のiOS端末のみ。アプリ同士の連携自由度が以前よりも高められていることから、このような使い勝手が実現した。

もちろん、Wi-Fi機能などで転送されたデジタルカメラのJPEG画像についても、Exifデータが確認可能。とっておきの作品をiOSデバイスに入れて持ち歩いているような人にも、おすすめできるアプリだ。

(本誌:鈴木誠)