写真展

ポール・ニックレン写真展「Remote Regions−辺境の生命−」

(コニカミノルタプラザ)

©Paul Nicklen / National Geographic Creative

ポール・ニックレン氏は、2012年ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー・コンテストの大賞、2013年世界報道写真コンテスト「自然」の部・組写真1位を獲得し、現在、最も注目されている自然写真家の一人です。

本展は、ギャラリーでのポール・ニックレン氏個展としては日本で初めての開催となります。

2013年世界報道写真コンテスト受賞作品であるコウテイペンギンのシリーズを大型プリントのシークエンスとして構成するほか、南極海のヒョウアザラシ、北極圏のセイウチ、イッカクなどの海洋生物、3種類のクマの生態、極地の自然環境と生命のドラマを、大型プリントで展示いたします。

科学者たちによる野生動物や気候変動についての調査研究の成果を、「ナショナル ジオグラフィック」誌などのフォト・ストーリーを通して一般の人々に分かりやすく伝える橋渡し役を自任するポール・ニックレン氏による、極地の海や人跡まれな自然環境とその生態系についての示唆に富んだドキュメンタリー作品を、この機会に是非ともご覧ください。

なお、本展はナショナル ジオグラフィック日本版のご協力のもと開催いたします。

(写真展情報より)

  • ・会場:コニカミノルタプラザ(ギャラリーA)
  • ・住所:東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル4階(フルーツの高野4階)
  • ・会期:2014年5月30日金曜日〜2014年6月24日火曜日
  • ・時間:10時30分〜19時(最終日15時まで)
  • ・休館:会期中無休
  • ・入場:無料

(本誌:折本幸治)