ニュース

LAOWAの15mm等倍マクロレンズと2倍マクロレンズが4月2日発売

フレキシブル保持のツインストロボも

サイトロンジャパンは、中国Anhui ChangGeng Optical Technology(Venus Optics)が擁するLAOWAブランドの交換レンズを含む3製品を、4月2日に発売する。

いずれもCP+2016に出展していたサイトロンジャパンブースにおいて「3月発売を目標」として参考展示されていた製品。

LAOWA 15mm F4 Wide Angle Macro with Shift

35mmフルサイズ対応の超広角マクロレンズ。価格はオープン。店頭予想価格は税別7万6,000円前後。対応マウントはキヤノンEFマウント、ソニーAマウント、ソニーEマウント、ニコンFマウント、ペンタックスKマウント。

レンズ構成は特殊低分散レンズ1枚、高屈折レンズ3枚を含む9群12枚。多層膜低反射コーティングを施し、フレアやゴーストを抑え、シャープネスの向上を図ったほか、樽型収差を可能な限り抑えたとしている。レンズ筐体は金属製。フォーカスはMF。

画角は、35mmフルサイズフォーマットのカメラに装着した場合で110度、APS-Cの場合は85度となる。上下±6mmまでのシフト機構を備えるが、シフト撮影可能なのはAPS-Cフォーマットのカメラに装着した場合のみ。

最短撮影距離は12cm、最小ワーキングディスタンスは0.47cm。絞り羽根枚数は14枚の円形絞り。フィルター径は77mm。

外形寸法は83.8×64.7mm。重量は410g。

LAOWA 60mm F2.8 Ultra-Macro

撮影倍率を0.1〜2倍の範囲で変更できるAPS-C用マクロレンズ。価格はオープン。店頭予想価格は税別5万6,000円前後。対応マウントはキヤノンEFマウント、ソニーAマウント、ソニーEマウント、ニコンFマウント、ペンタックスKマウント。

レンズ構成は7群9枚。レンズ筐体は金属製。フォーカスはMF。最短撮影距離は18.5cm。絞り羽根枚数は14枚の円形絞り。フィルター径は62mm。

外形寸法は95×70mm。重量は503g。レンズポーチとフィルターが付属する。

LAOWA MACRO TWIN LITE KX-800

2つの発光部がフレキシブルに可動するツインストロボ。価格はオープン。店頭予想価格は税別3万9,000円前後。対応機種はキヤノン、ソニー、ニコン、ペンタックス製のカメラ。TTL調光には対応しない。

アームは各48cmで、発光部は8段階(1/128〜1/1)の出力調整が可能。本体部分にはフォーカス用にLED補助光を内蔵する。ガイドナンバーは58(ISO100/m)。

ヘッドの水平回転角度は0〜270度。電源は単3形電池×4。アルカリ乾電池使用時の発光回数は100〜1,500回、リサイクルタイムは2〜5秒。閃光時間は1/200〜1/20,000秒。色温度は5600K。シンクロ端子を備える。

関根慎一