ニュース

レンズの結露を防止する「レンズヒーター360」

モバイルバッテリーで動作 天体写真などに

ビクセンは、カメラレンズ用ヒーター「レンズヒーター360」を3月17日に発売した。価格は、税別1万円。

本製品は、天体写真撮影などのシーンでレンズに装着し、レンズの結露を防ぐヒーターユニット。

薄くて柔らかい新開発の布製ヒーターユニット「AHF(Active Heat Fabric)」を採用。軽いタッチで着脱できる特殊な面ファスナーを組み合わせることで、レンズにスムーズに取り付けられるという。構図ずれやピントずれを起こしにくい設計とも謳う。

また、電源コード(USBコード)には低温時でも硬くなりにくい特殊加工が施され、USB-Aコネクター接続のモバイルバッテリーが利用できる。

5,000mAh(満充電時、バッテリー使用時20度)のバッテリーで4〜6時間の使用が可能。

外形寸法は、30×600mm。重量は、約40g。

取り付け目安として、円筒状の部位が長さ30mm以上、外径45〜100mmを推奨している。

飯塚直