ニュース

【CP+2016】透明なマウントアダプターが登場

フレアの入ったローコントラストな写真に

プロ向け動画エリアのテクニカルファームブースでは、透明なマウントアダプター「TF-Flare Adapter」を展示していた。

アクリル製で透明な筒を使用したマウントアダプター。外光が入ることで、意図的に光線漏れのような状態になりフレアの入った映像を撮影できる。静止画でも使用可能。

EFレンズをEマウントボディに装着したところ
こちらはEFレンズをマイクロフォーサーズ機に装着するタイプ。電子接点はないので、絞りのコントロールは不可

CP+に合わせて発売した。キヤノンEFレンズをソニーEマウントボディに付けるタイプが税別6万円、PLレンズをEマウントに付けるタイプが税別8万3,000円。マイクロフォーサーズボディ対応版も順次用意する。

アクリルの筒に金属のマウントがネジ止めされている(レンズ側)
ボディー側(マイクロフォーサーズ用)。着脱はスムーズだった

コントラストが大幅に低下するため、オールドレンズのような効果が出る。実際には透明部分の一部を黒いテープで遮ったり手で覆うなどして入射光をコントロールする。

LEDライトでマウントアダプターを照らすと強いフレアが出る
コントラストは大きく低下する

同社によると、こうしたマウントアダプターはこれまでにはなかったという。アクリルは厚めでしっかりしている印象を受けたが、広角や標準レンズの装着を想定しているとのこと。