ニュース

Cokin初のガラス製角形フィルター「NUANCES」

CP+2016に展示

NUANCES NDフィルター

ケンコー・トキナーは、Cokin(コッキン)の角形フィルター新製品「NUANCES(ニュアンス)」シリーズを2016年5月から順次発売すると発表した。価格はすべて未定。2月25日(木)から2月28日(日)まで開催されるCP+2016に出品する。

NUANCESシリーズは、ガラス製のNDフィルター(全面ND)および、グラデーションNDフィルター(ハーフND)の製品群。販売開始時期はNDフィルターが2016年5月、グラデーションNDフィルターが2016年夏頃を予定している。コッキンが角形NDフィルターにガラスを使用するのは初の試み。

NUANCES NDフィルターのラインナップ
NUANCES グラデーションNDフィルターのラインナップ

NDフィルターは、真空蒸着によるNDコーティングにより、可視光域および、近赤外域においてフラット性を実現。ニュートラルな色再現性でカメラの特性を崩さないという特徴がある。

グラデーションNDフィルターは、独自の特殊コーティング技術により、ガラス製にも関わらず柔らかなグラデーションを実現し、極めて反射が少なくニュートラル性に優れているという。また、表面硬度が高いコーティングにより摩擦にも強いとした。

NUANCES グラデーションNDフィルター

対応するサイズとしては、Pシリーズの83mm幅、Z-PROシリーズの100mm幅(4インチ)、X-PROシリーズの130mm幅のフィルター。PシリーズとX-PROシリーズはコッキン独自のサイズであり、Pシリーズは、82mm径までのフィルターに対応。

また、X-PROシリーズでは、2015年9月に発売した「X499Nユニバーサルリング」と、「X-PROシリーズフィルターホルダーB100A」を利用することで、トキナーAT-X 16-28 F2.8 PRO FXのようにフィルターネジが無く、レンズ前面部が大きく出っ張っているレンズにも取りつけられるという。

飯塚直