ニュース

パナソニック、写真を一元保存できる「パーソナルメモリーマネージャー」

Wi-Fi経由でスマホ閲覧可能 差分取り込み機能も

パナソニックは、「パーソナルメモリーマネージャー」(BN-SDPAP3)を2月17日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は2万円前後の見込み。

デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真や動画を取り込んで、一元管理できる製品。SDカードスロットと32GBの内蔵メモリーを搭載する。取り込んだ画像は無線LAN経由でスマートフォンなどで閲覧できる(専用アプリのインストールが必要)。

なお、Wi-Fi対応のパナソニック製デジタルカメラから直接無線LAN写真を保存することも可能。

クラウド型ストレージサービスと契約すれば外出先のパソコンや遠隔地のスマートTVなどでも閲覧できる。

様々な機器と接続ができる

差分取り込み機能やオートリサイズ機能(XGAに縮小)といった機能を備える。また、家族共用のフォルダーと個人用フォルダーを分けることで、プライバシーを守りながら使用できるとする。

アプリはAndroid 4.1以降、iOS 8.0以降に対応する。

外形寸法は41×82×129mm、重量は約160g。