ニュース

ソニー、読み出し440MB/秒のXQDメモリーカード

XQD/SD両対応のUSBカードリーダーも

ソニーは、XQDメモリーカード新製品「QD-M」シリーズと、XQD/SD対応のUSBカードリーダー「MRW-E90」を発売する。

QD-Mシリーズ

同社のXQDラインナップのうち、最上位のGシリーズ(読み出し400MB/秒、書き込み350MB/秒)と下位のNシリーズ(読み出し125MB/秒、書き込み80MB/秒)の中間に位置する。

なお、下位のNシリーズは終了し、今後はGシリーズとMシリーズの2ラインとなる。

Mシリーズのラインナップと店頭予想価格(税別)は、128GBが5万円前後、64GBが3万円前後、32GBが1万9,000円前後の見込み。発売は1月27日。

いずれも最大読み出し速度は440MB/秒、最大書き込み速度は150MB/秒(32GBのみ80MB/秒)を謳う。

XQDカードをUSB端子に接続する「XQD USBアダプター」と、データ復旧ソフト「Memory Card File Rescue」が付属する。

付属のXQD USBアダプター
アダプターはUSB端子に直接接続するタイプ。延長ケーブルも同梱する

カードリーダー「MRW-E90」

同社全シリーズのXQDカード(Ver.1.0およびVer.2.0)と、SDカード(UHS-II対応)を使える点を特徴とするUSBカードリーダー。発売は2月17日。店頭予想価格は税別6,000円前後。

USB 3.1 Gen 1対応。USBケーブルが付属する。

外形寸法は約50×98×14.1mm。重量は約52g。