ニュース

ニコン、DXフォーマット最上位モデル「D500」

153点AFやXQDカードスロットを搭載 スマホ常時接続も

ニコンは1月6日、DXフォーマット最上位機種となるデジタル一眼レフカメラ「D500」を発表した。プロ向け製品のD5からAFシステムなどを受け継ぐほか、Bluetoothによるスマートフォンなどとの常時接続も行える。

発売は3月を予定。価格はオープン。店頭予想価格は、ボディ単体が25万9,000円前後、D500 16-80 VRレンズキットが34万円前後の見込み(いずれも税込)。

ラスベガスで1月6日に開幕するCES 2016に先立ち行われたプレス向け発表会において、「D5」とともに正式発表。2009年発売の「D300S」以降、長らくその座を開けていた金属ボディのDXフォーマット最上位モデルになる。AFなど同時発表のD5との共通点が多く、D3に対するD300のような位置付けの製品といえそうだ。

撮像素子は有効2,088万画素CMOSセンサー。ニコンFマウントを採用する。画像処理エンジンはEXPEED 5。

常用感度は最高ISO51200。拡張でISO1640000相当(Hi 5)までの増感も可能。

D5と同等の「マルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュール」を搭載。153点AFシステムを踏襲する。中央部と周辺部99点はクロスセンサー。中央-4EV、その他-3EVの検出性能を誇る(ISO100時)。

連写性能は約10コマ/秒。連写時のファインダー像の見易さを実現したとし、「動きが速い被写体でも容易に追い続けられる」とする。バッファメモリも大容量で、14ビットロスレス圧縮RAWを200コマまで連写が可能。

ボディ側面には、DXフォーマット機初のXQDカードとSDXCメモリーカードのダブルスロットを装備。SDXCメモリーカード側は、UHS-II規格に対応する。

さらに他のFX、DX機にない特徴としては、Bluetooth low energyによるスマートデバイスへの常時接続機能を有する。これは「SnapBridge」と呼ぶアプリをインストールしたスマートフォンなどに、D500で撮影した画像を自動送信するもの。おおまか仕組みとしては、カシオの「EX-ZR3000」などと同様のものと推察される。スマートデバイスからのリモート撮影も可能。

4K UHD(3,840×2,160ピクセル)/30pでの動画記録にも対応する。フルHD記録時には電子手ブレ補正も働くという。

背面モニターは上下チルト式の3.2型約236万ドット。D5と同様に、タッチ操作が行える。タッチAF、タッチシャッターも可能。

ボディに炭素繊維複合材やモノコック構造を採用。D750やD5500からの流れで、同じく薄型ボディに深いグリップを備える。さらにD500では、マグネシウム合金もボディ素材として使用する。

外形寸法は約145×115×81mm。質量は約860g(バッテリーおよびXQDカード含む)、約760g(本体のみ)。

オプションとして、専用のマルチパワーバッテリーパック「MB-D17」、ワイヤレストランスミッター「WT-7」(税別12万円)も用意される。

ラスベガスで行われたプレスカンファレンスでD500を発見。D200やD300を思い出させる大きさと重みだ。
背面。D7200と比べると、iボタンが独立し、その位置にFn(ファンクション)2ボタンが設けられている。右手側にはD5と同様のサブセレクターも見える。
チルト式の液晶モニターを装備。
表示パネル
シャッターボタン周囲にISOボタンを備えている。
左手側上面。
ファインダーは丸窓。アイピースシャッターを搭載する。
AFモードボタンおよびフォーカスモードセレクター。
側面の端子類。USB 3.0が利用できる。
カードスロット。上側はXQDカードスロットになる。
バッテリーはD7200などと共通のEN-EL15。
シンクロ端子と10ピンターミナル。
レンズ脇のPv(プレビュー)ボタンとFn(ファンクション)1ボタン。
スマートフォンへの自動送信設定。従来通りのWi-Fi接続も可能で、NFCにも対応している。
SnapBridgeの画面。アプリが会場にないため、ここから先へは進めなかった。
SnapBridgeの利用イメージ。
上面の外装はマグネシウム合金。炭素繊維複合材やモノコック構造も採用する。
背面
下についているのはマルチパワーバッテリーパック「MB-D17」
プレスカンファレンスでの一場面。アクティブな利用シーンを提示していた。
ドローンへの搭載例も。
マルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュール
EXPEED 5