ニュース

PENTAXフルサイズ一眼レフ、可動液晶を搭載か

U1〜U5のカスタムセッティングポジションも

リコーイメージングは12月24日、2016年春発売の35mmフルサイズセンサー搭載デジタル一眼レフカメラのティーザーページを更新した。12月11日の更新に次ぐもの。

サイトの製品画像が上面カットに変更された。液晶モニターは可動式のように見える。本体とやや離れているようにも見え、何らかのステーなどを使用しているようだ。フリーアングル式なのかは不明。

モードダイヤルにはU1〜U5のポジションがあり、カスタムセッティングができるようだ。またPENTAX K-3 IIには無かった、ペンタ部の右側のダイヤルではISO感度やブラケティングの設定ができる模様。ISOやBKTと読める文字がある。ペンタ部側面にはK-3 IIにもあった「GPS」ボタンが見える。

併せて、3種類の設定から選べるクロップ機能を搭載すると告知した。「AUTO」「FF」「APS-C」の3種類の設定を用意する。

発売時期などは引き続き「2016 Spring Debut」のままとなっている。