ニュース

マンフロット、iPadでデジカメを操作「Digital Director」

ライブビューを表示可能 タッチフォーカスも

マンフロット株式会社は、iPadでデジタル一眼レフカメラを制御する「Manfrotto Digital Director」を発売する。iPad Air用は7月31日に、iPad Air2用は8月に発売。価格はいずれも税別7万5,000円。

カメラとは有線で接続する

専用アプリ(無償)をインストールしたiPadに装着することで、デジタル一眼レフカメラのフォーカスや露出などを制御できるアクセサリー。Apple認定製品という。CPUにARMのCortex-A8 plusを搭載する。

ライブビューを見ながら撮影することが可能。タッチフォーカスにも対応する。撮影した静止画はiPadにダウンロードすることもできる。フォーカスピーキングも表示される。

カメラとManfrotto Digital Directorは有線接続する。付属のケーブルは1m。最長10mまでのUSBケーブルが使用できるという。離れた場所からiPadの画面を見ながら操作できるため、撮影アングルの自由度が高まる。

iPadからはISO感度、シャッター速度、絞り、フォーカス、ホワイトバランス、フォーカスモードなどを設定可能。ヒストグラムも表示できるほか、フォーカスポイントの拡大表示も可能。

対応カメラは、EOS-1D X、EOS-1D C、EOS 5D Mark III、EOS 6D、EOS 7D Mark II、EOS 70D、EOS 60D、EOS Kiss X70(以上キヤノン)、D4、D810、D800、D800E、Df、D610、D7000、D5500、D5300(以上ニコン)。

アプリのアップデートで対応カメラは増える予定という。

電源は単三電池×4本、もしくは付属のACアダプター。