ニュース

トキナー、フルサイズ対応レンズ「AT-X 24-70 F2.8 PRO FX」

株式会社ケンコー・トキナーは5月8日、35mmフルサイズセンサー対応の交換レンズ「AT-X 24-70 F2.8 PRO FX」を発売すると発表した。

発売時期は、ニコン用が6月初旬、キヤノン用が7月初旬。希望小売価格はどちらも税別15万円。

ケンコー・トキナーがCP+2014で参考出品していた製品。光学性能を追求したという35mm判対応のレンズで、開放F値ズーム全域でF2.8。

ガラスモールド非球面レンズ3枚、超低分散ガラス3枚を採用。周辺部の解像度、周辺光量、ディストーションを高次元で補正したとする。カラーバランスのニュートラル性や、色収差の補正についても極力こだわったという。

AF駆動には、静音性のあるSDMを採用。フォーカス方式はフロントインナーフォーカス。

ワンタッチフォーカスクラッチ機構も搭載する。フォーカスリング部を前後にスライドさせることでAF/MFを切り替えるもので、AF時にはフォーカスリングがフリーとなり、MF時にはトルク感のあるフォーカス操作が可能となる。

絞り羽根は9枚。

最短撮影距離は0.38m。マクロ最大倍率は1:4.73。

フィルター径は82mm。外形寸法は89.6×107.5mm(最大径×全長)。重量は1,010g。