ニュース

富士フイルム、大口径広角レンズ「XF16mm F1.4 R WR」

換算24mm相当 最短15cmの接写に対応

富士フイルムは、Xマウント交換レンズ「フジノンレンズXF16mm F1.4 R WR」を5月21日に発売する。店頭予想価格は税別12万円前後の見込み。

35mm判換算24mm相当の広角レンズ。Xマウントの大口径レンズラインナップとしては、XF23mm F1.4 R、XF35mm F1.4 R、XF56mm F1.2 R、XF56mm F1.2 R APDに続く。

レンズ構成は、非球面2枚とEDレンズ2枚を含む11群13枚。歪曲収差を光学的に補正している点を特徴とする。ナノサイズの凹凸構造をレンズ表面に形成する、独自のHT-EBCコーティングを採用。

最短撮影距離は15cm。フローティング機構で近距離撮影時にも収差補正を行ない、接写時も高い描写性能を実現したという。

フォーカスリングに距離指標と被写界深度指標を備える。絞りリングは1/3ステップ。

AFは、後部の比較的小さなレンズを動かすことで高速化するリアフォーカス式。駆動にはDCコアレスモーターを採用した。

鏡筒は防塵防滴および耐低温-10度の仕様。

フィルター径は67mm。9枚羽根の円形絞りを採用する。

最大径×長さは約73.4×73mm。重量は約375g。

別売のレンズフード「LH-XF16」(9月発売予定)を用意。アルミ削り出しパーツを採用する角形フードで、剛性・質感の高さを特徴としている。

別売フードLH-XF16装着イメージ