ニュース

2万円を切る接写対応マウントアダプター

ライカM→ソニーE レバーの変更でレンズ着脱が容易に

ヘリコイド付きモデル「KIPON L/M-S/E M」
通常モデル「KIPON L/M-S/E」

焦点工房は、KIPONのマウントアダプター2製品を3月28日に発売した。価格は接写対応のヘリコイド付きモデル「KIPON L/M-S/E M」が税込1万7,800円、通常のフルサイズ対応アダプター「KIPON L/M-S/E」が税込8,000円。

ソニーEマウントボディにライカMマウントレンズを取り付けるマウントアダプター。同社従来品よりレンズ取り外しレバーの形状が変わり、レンズ着脱が容易になった。

着脱ボタンの形状を変更

接写対応のモデルは、アダプターに補助ヘリコイドを搭載することでレンズの最短撮影距離を越えた接写が可能。新モデルでは、ローレットの溝を細かくしてヘリコイドの操作性を向上している。

KIPON L/M-S/E M使用イメージ
KIPON L/M-S/E使用イメージ