ニュース

「OLYMPUS PEN」風24倍ズームコンパクトがリニューアル

夜景キャプチャーモードを新搭載 ライブコンポジット機能も

オリンパスは、コンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS SH-2」を4月10日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は税別3万7,000円前後の見込み。

2014年4月に発売された「OLYMPUS STYLUS SH-1」の後継モデル。25-600mm相当F3-6.9の24倍ズームレンズや1/2.3型有効1,600万画素CMOSセンサーを継承しながら、新たに「夜景キャプチャーモード」を搭載した。

同社のレンズ交換式デジタルカメラ「OLYMPUS PEN」を思わせるデザインも引き継いでいる。上面や主な操作部にはアルミ合金を採用した。カラーはシルバーとブラック。前モデルにあったホワイトは用意されていない。

夜景キャプチャーモードは、「夜景&人物」、「夜景」、「打ち上げ花火」、「手持ち夜景」、「ライブコンポジット」の5つのモードからなり、ユーザーが細かい設定をしなくても自動的に最適な設定で撮影できる。

なお、「夜景」と「打ち上げ花火」は三脚が必要。「手持ち夜景」は複数枚を連写して合成するモード。また、「ライブコンポジット」は、比較明合成により星の日周運動などの光跡を記録できるモードで、同社レンズ交換式カメラでも採用されている。

引き続き光学式5軸手ブレ補正機能を搭載。補正効果は望遠端で3.5段分。最短撮影距離はレンズ前0.03m(スーパーマクロ)。

画像処理エンジンはOLYMPUS OM-D E-M1と同じ「TruePic VII」。RAW記録にも対応する。最高感度はISO6400。60pのフルHD動画も撮影できる。

Wi-Fi機能も搭載する。液晶モニターは約46万ドットの3型で、タッチパネル式。

記録メディアはSDXC/SDHC/SDカード。バッテリーは、リチウムイオン充電池「LI-92B」。

外形寸法は108.8×63.2×42.4mm、バッテリーと記録メディアを含む重量は271g。

SH-1と同じ「本革ボディージャケットCSCH-120」(税込6,400円)を装着可能。

本革ボディージャケットCSCH-120
本革ボディージャケットCSCH-120
本革ボディージャケットCSCH-120に別売の本革ショルダーストラップCSS-S109LL IIを装着したところ