ニュース

【CP+】段ボール製一眼レフカメラ「DanCam」

ウエストレベルファインダーで青写真が撮れる

DanCam DC01(ベーシックモデル)

モノゴのブースでは、段ボール製のサイアノタイプ一眼レフカメラ「DanCam DC01」を展示していた。近日中に発売する。

段ボール製のレンズ一体型カメラ。サイアノタイプと呼ばれる青焼き感光紙をセットして直接印画紙として記録する。

レンズはDANON 120mm F6.6で、ガラス製の1枚玉。フォーカスはマニュアル。本体、レンズとも日本製。

露光時間は晴天で30〜40分。露光後は現像液を付けた布などで印画紙の表面を拭くようにするとすぐに像が現れる。印画紙のセットや現像は明るい場所でもできる。印画紙のサイズは11.8×8.5cm。

撮影例
封筒に入った同梱の印画紙
同梱の現像液

内部のミラーに反射した像を上部のスクリーンに映し、構図やピントを合わせるウエストレベルファインダーを備える。ミラーを跳ね上げると露光が始まる。

スクリーンで構図などを見る
ミラーを上げたところ

価格は紙製レンズ鏡筒のベーシックモデルが税込6,246円、金属製レンズ鏡胴のプレミアムモデルが同1万584円、組み立てキットが4,104円となっている。

プレミアムモデルは金属鏡胴となる