ニュース

富士フイルム、「Xマウントフィルターレンズ」を正式発表

パンケーキレンズなのにソフトフィルターやクロスフィルターを内蔵

富士フイルムは、Xマウントフィルターレンズ「XM-FL」を2月26日に発売する。価格は税込1万2,852円。ブラックとシルバーを用意する。

同社がCP+2014で「X-MOUNT FILTER IN CAP LENS」として参考出品していた製品。Xシリーズ交換レンズではなく、アクセサリーという位置づけ。

32gと軽量で、ボディキャップとしても使えるパンケーキタイプのレンズながら、ターレット式のフィルターを内蔵しているのが特徴。

フィルターは、プロテクトフィルター、クロスフィルター、ソフトフィルターの3種類で、レンズ側面のダイヤルで切り替える。同じダイヤルで、レンズカバーも出すことが可能。カメラの「アドバンストフィルター」と組み合わせることで、様々な効果を楽しめるとしている。

レンズは35mm判換算での焦点距離37mm相当F8の単焦点レンズ。最短撮影距離は1m。フォーカスは固定で、パンフォーカスが得られるとしている。

レンズカバーに設定したところ

カメラとの通信機能がないため、カメラ側のメニューで「レンズなしレリーズ」をONにして使用する。絞り値表示はF0となる。FUJIFILM X-Pro1のブライトフレームなど一部機能は使用できない。

最大径×全長は58×21mm。

FUJIFILM X-A2への装着例