ニュース

ペンタックス、35mmフルサイズ一眼レフを開発発表

CP+2015に参考出品

リコーイメージング株式会社は2月5日、35mm判フルサイズセンサーを搭載するデジタル一眼レフカメラを現在開発中と発表した。2月12日に開幕するイベント「CP+2015」に参考出品する。

参考出品されるフルサイズ機は、Kマウントを採用するデジタル一眼レフカメラ。「2015年中の発売を目指して開発中」とのことだ。製品名は未定。

35mm判フルサイズの撮像素子を採用するデジタル一眼レフカメラについては、小誌やデジタルカメラマガジンでのメーカーインタビューで、その可能性が何度が話題にのぼっていた。ただし、具体的な製品画像が出てきたのは今回が初めて。

大きめのペンタ部には「PENTAX」のロゴが。グリップは現行Kシリーズを彷彿とさせるデザインだ。

ちなみに、この開発発表と同じく2月5日に発表された交換レンズ「HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW」「HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW」の2本は、35mm判のイメージサークルに対応すると明言されている。

クロップ機能を利用することで、従来のAPS-C用DAレンズも使用可能。

CP+2015は2月12日(木)〜2月15日(日)の4日間、パシフィコ横浜で開催されるイベント。毎回、各カメラメーカーの新モデルが披露される場だが、その中でも本機は、注目を集める展示になりそうだ。