ニュース

リコーから防水アクションカメラ「WG-M1」が登場

WGデザイナーが手がけた腕時計「WG Watch」も

 リコーイメージングは、防水・耐衝撃デジタルカメラWGシリーズの新ラインナップとして、超広角レンズを搭載するアクションカメラ「RICOH WG-M1」を追加。10月中旬に発売する。店頭予想価格は税別3万円台後半。カラーはブラックとオレンジ。

RICOH WG-M1(ブラック)
RICOH WG-M1(オレンジ)

 ハウジングなしで水深10m防水・2m耐落下・-10度耐寒を実現した防水アクションカメラ。フルHD動画(最大1,920×1,080/30fpsのH.264)に加え、有効1,400万画素の静止画撮影も可能としている。

 1.5型の液晶モニターと無線LAN機能を搭載。専用スマホアプリ「WG-M1」でリモート撮影や撮影画像の転送ができる。

 レンズは35mm判換算で約16.8mm相当F2.8。固定焦点で、フォーカス範囲は空気中で60cm〜、水中で80cm〜としている。動画時のみ電子式手ブレ補正を利用できる。

ブラック
オレンジ

 撮像素子は1/2.3型CMOSセンサー。感度はISO100-800。

 撮影モードには、静止画、動画のほか、タイムラプス動画、エンドレス録画、動体検知録画モードを備える。静止画の連写速度は10コマ/秒。

 記録メディアはmicroSDHC/SDカード。

 電源はリチウムイオンバッテリーDB-65。撮影可能枚数は約350枚、動画撮影時間は約150分。

 外径寸法は約66.5×42.5×89.5mm。重量は約190g(バッテリー、記録メディア、レンズプロテクター含む)、約151g(本体のみ)。

 底面に三脚座を持つ。粘着テープでカメラを固定できる「WG粘着マウント」を同梱。カラビナストラップも付属する。

 別売アクセサリーとして、手持ち撮影用の「WGグリップアダプター」(税別2,500円)、3つのアダプターを組み合わせて多様なアングルで撮れる「WGアングルアダプター」(税別1,200円)、カメラ同梱品より接着面の広い「WG粘着マウント2」(税別2,500円)、腕や太いパイプのマウントできる「WGリストストラップマウント」(税別3,500円)、地面に挿してカメラを固定する「WGペグマウント」(税別3,000円)、磁石を用いた「WGマグネットマウント」(税別4,500円)、ヘルメット装着用の「WGヘルメットストラップマウント」(税別2,500円)を用意する。

同梱のWG粘着マウント装着イメージ

 なお、同社ではWGシリーズのデザインコンセプトを継承した腕時計「WG Watch」を10月中旬に発売する。価格は税別3万7,000円。

WG Watch(オレンジ)
WG Watch(ブルー)
WG Watch(ブラック)

 WGシリーズと共通のデザインコンセプトを採用したという腕時計。リコーエレメックスが製造する。オレンジ、ブルー、ブラックの3色をラインナップ。10気圧防水。

 2時と10時のインデックスが発光するLEDライト機能のほか、バイブレーションアラーム対応のアラームとタイマー、2099年までのフルオートカレンダー、ストップウォッチ、デュアルタイム表示機能を持つ。

 ケース素材にはステンレスを採用。ストラップはナイロン素材のNATOタイプ。

オレンジ
ブルー
ブラック

 ケースの外径寸法(横×縦×厚さ)は43×48×14.3mm。重量は約84g。非接触充電器が付属し、フル充電で約1カ月動作する。

充電イメージ