ニュース

カメラを構えると伸びる斜め掛けストラップ

 ケンコー・トキナーは、JOBYの速写ストラップ「プロスリングストラップ」を6月6日に発売した。価格はオープン。長さ違いで「S-L」と「L-XXL」の2タイプを用意する。実売価格は税別8,000円前後の見込み。

カメラへの取り付けイメージ

 プロ用一眼レフカメラに対応する耐久力という速写ストラップ。独自の伸縮システムで、撮影時と移動時に素早くストラップの長さを変更できる。取り付けはカメラ底部の三脚穴を用いる。ネジの緩みによるカメラの落下を防ぐカメラテザーが付属。

 ストラップは斜め掛けで着用。撮影時には、カメラを前方に引っ張ることでストラップが長くなり、短くする場合は胸部にくるリングをカメラと反対方向に引っ張る。

カメラを前に出すとストラップが伸びる
リングをカメラと逆方向に引っ張ると短くなる

 長さはS-Lが1,760mm、L-XXLが1,920mm。ケンコー・トキナーではTシャツサイズを基準に選ぶよう案内している。

 既存の素早い伸縮を特徴とするカメラストラップでは、長くする際に片手はカメラ、片手はストラップ上のリングやバックルに手を添えて引っ張るのが一般的。本製品はカメラ底部にバックル一体型の取り付け部を装着するため、カメラを撮影時に前方へ出すのに連動してストラップが伸びる仕組みになっている。

落下防止のカメラテザー