ニュース

リチウムイオン充電池を採用したクリップオンストロボ

フル発光650回。発光間隔1.5秒

 ワイドトレードは、TOKISTAR(トキスター)ブランドのクリップオンストロボ「Ving V860」を5月10日に発売する。キヤノン用(V860c)とニコン用(V860n)を用意する。価格はそれぞれ税別3万9,000円。

 バッテリーにリチウムイオン充電池を採用することで、650回のフル発光ができるのが特徴。発光間隔もフル発光で1.5秒と短い。

 バッテリーの充電時間はAC電源が2.5時間、シガーソケットが4時間。バッテリー単品(VB-18)の価格は税別8,500円。

リチウムイオン充電池を採用する

 ガイドナンバーは58(m、ISO 100)。TTL調光やマルチ発光にも対応する。照射範囲はマニュアルズームで24-105mmに対応。色温度は5,600K±200K。

 発光部は垂直-7〜90度、水平0〜360度に動かせる。発光部にはワイドパネルと反射カードを内蔵する。

 外形寸法は約190×76×64mm、重量は420g(本体のみ)。

 併せて、Ving V860をスタンドに装着し、さまざまなアクセサリーが利用できるクリップバンクアダプター「TS-885-M」(税別7,800円)も発売する。アンブレラ、リフレクター、スヌート、ソフトボックスなどが装着できる。