ニュース

パナソニック、Wi-Fi対応タフネス機「LUMIX DMC-FT5」など

近接無線通信NFCを搭載

 パナソニックは、タフネス性能を備えるコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-FT5」を2月22日に、「LUMIX DMC-FT25」を2月14日に発売する。

LUMIX DMC-FT5

 防水13m、耐低温-10度、耐衝撃2m、耐荷重100kgfに対応するモデル。DMC-FTシリーズでは初搭載となるWi-Fi機能で、スマホ連携にも対応する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は5万円前後の見込み。

 近接無線通信NFC機能を搭載し、対応端末とのタッチでWi-Fi初期設定や画像転送が容易に行なえるとしている。iOS/Android用アプリ「Panasonic Image App」からのリモートライブビューに加えタッチシャッター、マニュアル操作、動画撮影、撮影後自動転送にも対応した。

 GPS機能は、ロシア政府が運用する衛生測位システムのGLONASSにも対応し、測位時間短縮と精度向上を実現したという。方位計、気圧計、高度(水深)計と組み合わせて撮影地点のデータを記録できる。ログ機能も搭載。

 水中撮影時の赤色再現性を向上したという「アドバンス水中撮影モード」を搭載。市川ソフトラボラトリーの汎用RAW現像ソフト「SILKYPIX Marine Photography Pro 4.0」の「Natural Light Technology」を採用した。

LUMIX DMC-FT25

 防水7m、耐低温-10度、耐衝撃1.5に対応するモデル。Wi-Fi機能やNFC機能は搭載せず、シンプルな仕様とした。価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格は2万5,000円前後の見込み。

 撮像素子は有効1,610万画素のCCDを搭載。レンズは25-100mm相当の4倍ズーム。

 DMC-FT5と共通の機能として、インターバル撮影、撮影画像にフィルター効果を適用できる「クリエイティブコントロール」および「クリエイティブレタッチ」、パノラマ撮影時にフィルター適用できる「クリエイティブパノラマ」を搭載する。

製品名 DMC-FT5 DMC-FT25
撮像素子 1/2.33型有効1,610万画素MOS 1/2.33型有効1,610万画素CCD
レンズ 28-128mm相当(35mm判換算)F3.3-5.9 25-100mm相当(35mm判換算)F3.9-5.7
最短撮影距離
(レンズ前)
5cm(マクロモード広角端)
30cm(望遠端)
5cm(マクロモード広角端)
1m(望遠端)
手ブレ補正 光学式
感度 ISO100-3200
ISO1600-6400(高感度モード)
シャッター速度 4-1/1,300秒
15/30秒(星空モード)
8-1/1,300秒
15/30/60秒(星空モード)
液晶モニター 3型46万ドット 2.7型23万ドット
記録メディア SDXC/SDHC/SDメモリーカード
内蔵メモリー(10MB)
SDXC/SDHC/SDメモリーカード
内蔵メモリー(70MB)
連写速度 約10枚/秒
約5枚/秒(AF追従)
約1.3枚/秒
動画記録 AVCHD(1,920×1,080・60p)など MP4(1,280×720・30fps)など
バッテリー リチウムイオンバッテリーパック
撮影可能枚数 約370枚 約250枚
外形寸法 109.2×67.4×28.9mm 103.7×58.3×19.7mm
質量 約188g(本体)
約214g(バッテリー、メモリーカード含む)
約125g(本体)
約144g(バッテリー、メモリーカード含む)

(本誌:鈴木誠)