ニュース

ソニー、Camera Appsに「タイムラプス」と「シネマフォト」を追加

〜NEX-6、NEX-5Rで使用可能。日本語入力「POBoxキーボード」も

 ソニーは20日、NEX-6などで利用できるカメラ内アプリ「PlayMemories Camera Apps」に、新アプリを追加した。

「PlayMemories Camera Apps」のメニュー画面

 PlayMemories Camera Appsは、ユーザーがカメラ内に好きなアプリを導入して、カメラの機能強化を行なうためのもの。現在、NEX-6とNEX-5Rの2機種で利用できる。カメラへはPC、または無線LAN経由で導入が可能。

 これまでに、「ピクチャーエフェクト+」(無料)、「ブラケットPro」(500円)、「マルチショットNR」(500円)、「スマートリモコン」(無料)、「ダイレクトアップロード」(無料)、「フォトレタッチ」(無料)の7つのアプリが配信されている。

 今回追加されたアプリは、「タイムラプス」「シネマフォト」「POBoxキーボード-日本語」の3種類。いずれもNEX-6およびNEX-5の発表時に、ソニーがリリースを予告していた。

タイムラプス

 インターバル撮影した大量の画像を時系列でつなぎ、動画とする「タイムラプス」作品を作成できるアプリ。撮影から動画の書き出しまで行なえる。

タイムラプスアプリのテーマ選択画面
ユーザーが設定をカスタマイズする事もできる

 「雲」「星空」「夕暮れ」「夜明け」「ミニチュア」「スタンダード」「カスタム」の8つのプリセットを選択できるほか、撮影間隔や最初の撮影開始時のセルフタイマーの有無などを設定可能。

 動画の解像度は1,920×1,080ピクセル。フォーマットはMotion JPEG。

 価格は1,000円。

シネマフォト

 写真の一部だけを動かす「シネマフォト」が作成可能。高速連写で得られた複数の画像を利用するもので、アプリでは連写後、アニメーションさせる領域を鉛筆ツールと消しゴムツールで選択。タッチパネル採用のNEX-5Rでは、タッチ操作で領域選択が行なえる。

シネマフォトアプリの使用イメージ
動きのある被写体を連写した後、動かしたい部分を指定
その部分だけが動く動画が作成できる

 動画の解像度は640×480ピクセル。フォーマットはMotion JPEG。

 価格は500円。

POBoxキーボード-日本語

 文字入力のためのアプリ(無料)。カメラからFacebookなどにコメント付き写真として公開するアプリ「ダイレクトアップロード」などで利用できる。これまで「ダイレクトアップロード」では、英数字しか入力できなかった。

 QWERTYキーボードと12キーボードを選択可能。NEX-5Rは、タッチパネルを使ってのフリック入力にも対応する。