【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

シグマ、超広角ズーム「12-24mm F4.5-5.6」を“II”にリニューアル


 シグマは、超広角ズームレンズ「SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II EX DG HSM」を発売する。発売日は、キヤノン用が7月29日。シグマ用とニコン用が発売日未定となっている。価格は9万9,750円。

SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II EX DG HSM

 2003年11月発売の「SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG Aspherical/HSM」の後継機種。CP+2011に参考出品していた製品で、このほど発売日と価格が正式に決定した。

 35mm判のイメージサークルに対応した超広角ズームレンズで、新たに蛍石と同等の性能というFLD("F" Low Dispersion)ガラスを採用するなど、画質の向上を図った。

 レンズ構成は、FLDガラス4枚、SLD(特殊低分散)ガラス1枚、グラスモールド非球面レンズ3枚、ハイブリッド非球面レンズ1枚を含む13群17枚。色収差の補正による高画質化とコンパクト化を実現したという。

 また、スーパーマルチレイヤーコートの採用により、フレアやゴーストの発生を低減。「周辺光量も豊富で開放からシャープでコントラストの高い描写を実現」するとしている。

 AF駆動用モーターには超音波モーターHSM(Hyper Sonic Motor)を搭載。フルタイムマニュアルフォーカス操作も行なえる。

 最短撮影距離は前機種と同じく28cm。最大撮影倍率は1:6.4。絞り羽根は6枚。

 外形寸法は85×120.2mm(最大径×全長)。質量は670g。



(本誌:折本幸治)

2011/7/20 11:48