【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

オリンパス、“ファミリーポートレート”向けの「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」


 オリンパスは、マイクロフォーサーズシステムに準拠した交換レンズの新製品として、「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」を発売する。発売時期は2011年秋。価格は3万6,750円。

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 E-P3に装着した状態(レンズフードLH-40Bはオプション)

 35mm判換算で焦点距離90mm相当の望遠レンズ。開放F値はF1.8。ボケ表現を手軽に楽しめることから、オリンパスでは「ファミリーポートレートレンズ」として訴求する。

 レンズ構成は8群9枚。ボケにこだわったレンズということで、口径食対策に配慮し、周辺部までしっかり光線を通す設計にしたという。E-HR(特殊高屈折レンズ)レンズ2枚を採用。2線ボケや色収差によるエッジの色付きの発生も排除したとしている。美しいボケのため、7枚羽根の円形絞りも採用した。

 同時発表のM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2と同様、「ZERO」(Zuiko Extra-low Reflection Optical)コーティングを採用。顕微鏡の多層膜生成技術で蓄積した薄膜制御技術から生み出されたという技術で、ゴーストやフレアを徹底的に排除し、逆光などの悪条件下でもクリアな描写性能を確保したという。

 AF駆動用に「MSC」(Movie & Still Compatible)機構を搭載。インナーフォーカス方式を採用し、小型で軽量の1群2枚のレンズを動かすことでフォーカスを合わせる。「高速かつ静粛でなめらかな駆動を実現した」としている。

 最短撮影距離は0.5m。最大撮影倍率は0.11倍。

 本体は金属調のデザイン。フィルター径は37mm。最大径は56mm、全長は46mm。質量は116g。

 レンズフード「LH-40B」は別売。価格は4,200円。

レンズフードLH-40B LH-40Bを装着したところ

 レンズ先端部を覆う「デコレーションリング」(DR-40)を同梱。別売品としても用意し、シルバー、ブラック、ホワイトの3色セットで発売する。「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R」や「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II」でも使用可能。3色セットの価格は1,575円。発売日は7月22日。

デコレーションリングのDR-40。写真はシルバー

【2011年7月6日】「M.ZUIKO DIGITAL 4-42mm F3.5-5.6 II R」を「「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R」に修正しました。

(本誌:折本幸治)

2011/6/30 14:26