【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

三洋電機、カメラマンなどプロユース向けの「エネループプロ」


 三洋電機は、従来より約25%高容量化したニッケル水素充電池「エネループプロ」(eneloop pro)を7月21日に発売する。

エネループプロ(eneloop pro)

 サイズは単3型のみ。価格は2本入りの「HR-3UWX-2BP」が1,260円、4本入りの「HR-3UWX-4BP」はオープンプライスで店頭予想価格は1,900円前後の見込み。また、単3型4本に充電器をセットした「N-TGR01WS」を9月21日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4,500円前後の見込み。

N-TGR01WS

 電池容量を従来の1,900mAhから2,400mAhに約25%に高容量化した製品。自己放電抑制タイプでは世界最高レベルの容量という。

 1度の充電でより長時間機器を使用できることから、カメラやストロボなどでの使用を想定。カメラマン、警備会社、放送業界、病院、警察、自衛隊、工事関係といったプロユースに向ける。充電は、これまでのエネループシリーズ充電器で行なえる。

 コンパクトデジタルカメラでの連続撮影枚数は従来タイプに比べて約18%増、LEDライトの連続点灯時間では同31%増(いずれも同社実測値)だとする。

外部ストロボの発光テスト

 満充電から1年後の容量残存率は約75%と、同社のニッケル水素充電池(HR-3UG、2,700mAh、非エネループ)の約50%を上回る。なお、従来のエネループは同条件の容量残存率約85%だった。

 

 従来の1,900mAhタイプは外装がホワイトだったが、今回はブラックを採用した。繰り返し使用可能回数は約500回。従来タイプのエネループは約1,500回だった。重量は1本約30gで、従来タイプより約3g重い。エネループプロも充電を行なってから出荷するが、これまで同様に太陽光発電で得た電力を充電に使用する。


(本誌:武石修)

2011/6/9 19:48