【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

ソニー、Eマウントのスーパー35mmカムコーダー「NEX-FS100J」


 ソニーは、スーパー35mm相当の撮像素子を搭載したEマウントのデジタルビデオカメラ「NEX-FS100J」を2011年第2四半期に発売する。価格は62万7,900円。同時に、高倍率ズームレンズ「E 18-200mm F3.5-6.3 OSS」をセットにした「NEX-FS100JK」も69万900円で発売する。

NEX-FS100JK

 ソニーが、2010年11月の「InterBEE2010」(国際放送機器展)で開発発表した製品。今回、発売時期や価格が決定した。

 映画撮影用のデジタルシネマカメラと同様のスーパー35mm相当の撮像素子(単板。デジタルカメラの“35mmフルサイズ”とは異なる)を搭載しながら、価格を抑えた。同社のAVCHD対応業務用カムコーダー「NXCAM」シリーズの1つとして、CM、ミュージックビデオ、小規模ドラマといった用途に向ける。

 レンズ交換式デジタルカメラ「NEX」シリーズと同じEマウントを採用する。既存のEマウントレンズのほか、オプションのマウントアダプター「LA-EA1」を使用することでαマウントのレンズも使用できる。

 撮像素子は独自開発の「Exmor Super35 CMOSセンサー」。有効337万画素(16:9時)で、サイズは23.6×13.3mm。NEX-5などのAPS-Cサイズ相当センサーは23.4x15.6mmのためやや異なっている。全画面を60fpsで読み出し可能。最低被写体照度は0.28luxとしている。

 記録フォーマットはAVCHD(SDはMPEG-2)。PSモードでは最大1,920×1,080ピクセル、60pで記録できる。なお、PSモードはAVCHDのソニー独自規格。最大ビットレートは28Mbps。AVCHD準拠の場合は最大1,920×1,080ピクセル、60i記録。ビットレートは24Mbpsで、30pと24p記録も可能。音声はリニアPCMかドルビーデジタルを選択可能。いずれも48kHz、16ビットのステレオ。

 1,920×1,080ピクセルでのスローおよびクイックモーション撮影に対応する。一例として、記録フォーマットを1080/24pに、フレームレートを60fpsに設定すると、2.5倍のスローとなる。

 ボディは小型、軽量サイズを実現したとするデザインで、ハンドル、グリップ、ビューファインダー(すべて付属)を着脱できる機構にした。液晶モニターは約92.1万ドットの3.5型ワイド。三脚ねじ穴は1/4インチと3/8インチに対応。被写体との距離を測る際にメジャーをかけるためのメジャーフックも備える。エレクトレットコンデンサーマイクロホン「ECM-XM1」が付属する。

グリップ使用時 ハンドル使用時
三脚に装着したところ

 記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカード、メモリースティックPROデュオなど。SDカードはClass4以上を推奨としている。また、オプションのフラッシュメモリーユニット「HXR-FMU128」(14万7,000円)にも対応。HD動画を10時間以上記録可能なほか、本体のメモリーカードとの同時記録によるバックアップができる。

 HD-SDI端子は装備していないが、タイムコードおよび2-3プルダウンマーカーを重畳した信号をHDMI端子から出力できるため、対応した外部レコーダーなどを使用することでSDI同等の取扱いができるとしている。音声入力はXLR端子×2。そのほか、ミニD端子出力、ビデオ出力(ピンジャック)、オーディオ出力(ピンジャック)、ヘッドホン端子(3.5mm)、リモート端子(2.5mm)、USB端子を備える。電源はリチウムイオン充電池「NP-F770」。

 サイズは126.5×101.5×193.5mm(ボディのみ)、178×192×519.5mm(レンズ、ビューファインダー、大型アイカップ、バッテリー、ハンドル、マイク、グリップを含む)。重量は約1.04kg(ボディのみ)、約2.66kg(付属品を含む撮影時重量)。




(本誌:武石修)

2011/3/23 18:00