【 2014/07/30 】
【 2014/07/29 】
【 2014/07/28 】
【 2014/07/25 】
【 2014/07/24 】

【CP+】ソニー、“Aマウント中級機”のスケルトンモデルを展示

〜EVF採用、2011年内発売

 ソニーブースでは、Aマウント中級機のスケルトンモデルを展示。「トランスルーセント・ミラー・テクノロジー搭載 中級機コンセプトモデル」とし、EVFの採用と年内発売を明らかにした。あわせて、コンパクトデジタルカメラ新製品などのタッチ&トライコーナーを用意している。

 また、昨年のCP+2010でも展示のあったAマウント用「超望遠Gレンズ500mm F4 G」は、製品版により近いという試作モデルを展示。縦位置撮影時に発光部が横に倒れるクイックシフトバウンス機構を持つとみられる中型クリップオンストロボのモックアップも、フォトキナ2010に引き続き展示した。

中級機コンセプトモデル
フォトキナ2010に展示していたものと見られるモックアップも展示
超望遠Gレンズ500mm F4 Gの試作モデル
Aマウント関連の参考展示は来場者の注目を浴びていた

 フォトキナ2010に展示していたEマウント用交換レンズは、一部モデルで焦点距離と発売時期を発表。NEXシリーズ用のクリップオンストロボは、Aマウントカメラ用の「HVL-F20AM」に近いサイズおよび機構といい、バウンス発光に対応する。

 また、参考出品のうち「カールツァイス広角単焦点レンズ24mm」、「単焦点マクロレンズ30mm」、「単焦点ポートレートレンズ50mm」、「望遠ズームレンズ55-200mm」は2011年内発売予定としていた。焦点距離が明らかになっていない「広角ズームレンズ」、「Gレンズ 高性能標準ズームレンズ」、「単焦点中望遠レンズ」は、モックアップの展示にとどまる。

Eマウントのモックアップを展示。焦点距離も明らかになった
Eマウントズームレンズのモックアップも参考出品 ロードマップにも焦点距離を追加

 コンパクトデジタルカメラは、30倍ズームレンズを搭載する「サイバーショットDSC-HX100V」、16倍ズームレンズを搭載するスリム高倍率モデル「サイバーショットDSC-HX9V」など、発表済みの春モデルを手に取ることができた。

 自動撮影機能「パーティーショット」を利用できるインテリジェントパンチルター「IPS-DS2」は、従来機種のIPT-DS1と異なり機種別プレートを不要としたモデル。一方、映像出力および外部電源入力を廃止し、電池駆動専用としていた。

サイバーショットDSC-HX100V サイバーショットDSC-HX9V
サイバーショット新機種と各種アクセサリーを展示 インテリジェントパンチルター「IPT-DS2」のデモも

 そのほかにもブースでは、レンズ交換式デジタルカメラやコンパクトデジタルカメラの特徴的な機能を試せるコーナーを設置。「α55」や各種Aマウントレンズの貸し出しも実施していた。

BMXを被写体に高速連写を試せるコーナーを用意 各種技術のデモコーナー
α55・α33と各Aマウントレンズの貸し出しを行なっていた
スイングパノラマを試すと、ノーリツ鋼機のドライプリンターで出力したパノラマカレンダーを貰える
ノーリツ鋼機のドライプリンター
デジタルフォトフレームも一堂に展示 8日にオープンしたコミュニティサイト「αcafe」の展示もあった

 また、CP+2011の開幕に先立ちソニーが行なった懇親会では、同社業務執行役員SVPパーソナルイメージング&サウンド事業本部長の今村昌志氏が、同社デジタルイメージング事業についてコメントした。

業務執行役員SVPパーソナルイメージング&サウンド事業本部長の今村昌志氏 Aマウントカメラ関連の参考出品についてアナウンスした

 「ソニーらしいユニークな製品の投入で新しいマーケットを作ることができた」という2010年は、サイバーショットを中心に好調。先日の発表通り、生産台数を約100万台上方修正している。

 2011年は新しいボディの仕込みや提案を考えていると話し、Eマウントレンズは2011年に4本をリリースする予定とした。Eマウントは仕様公開の発表も行ない、正式にソニーの中で公開スキームを作ったという。今村氏は「Eマウントの楽しみを広げるレンズをより多く一緒に開発できれば」としていた。

 また、「Aマウントのカメラボディも頑張って出していきたい」とし、その第一弾としてミドルクラスのスケルトンモデルをブースに展示した。

トランスルーセント・ミラー・テクノロジー搭載 中級機コンセプトモデルの出品を告知 Eマウントレンズについても焦点距離を発表

 ムービーの分野では、スーパー35mm CMOSセンサー搭載の「NXCAM」を参考展示。2011年上半期に60万円前後での発売を予定している。NEXシリーズと同じマウント、同じセンサーを採用し、様々な機能を詰め込んだ高性能な動画を撮影できるとしている。セミプロ向け、あるいは業務用に近いEマウントのカメラというが、まだ参考デザインの段階だそうだ。

ムービー関連の参考展示についても言及 スーパー35mm CMOSセンサー搭載のNXCAMカムコーダーなどを参考出品していた

(本誌:鈴木誠)

2011/2/9 16:06