【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

パナソニック、1080/60i・24p対応の「LUMIX DMC-GH2」

〜AFも従来比最大2倍に高速化

 パナソニックは、マイクロフォーサーズシステム規格のレンズ交換式デジタルカメラ「LUMIX DMC-GH2」を10月29日に発売する。カラーはブラックとシルバーの2色。

ブラック シルバー

 ボディ単体に加え、ボディと「LUMIX G VARIO 14-42mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」をセットにした標準ズームレンズキット(DMC-GH2K)、「LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4-5.8 ASPH.」をセットにしたレンズキット(DMC-GH2H)を用意する。

 価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格はボディのみが10万円前後、標準ズームレンズキットが11万円前後、レンズキットが15万円前後の見込み。

 2009年4月に発売した「LUMIX DMC-GH1」の後継機種。DMC-GH1比で約2倍の「世界最速レベル」とする高速AFや、1080/60i(センサー出力60コマ/秒)や1080/24pのAVCHD動画記録機能を特徴とする。

ブラック
シルバー

 撮像素子は有効1,605万画素のLiveMOSセンサー。マルチアスペクトに対応する。感度はISO160からISO12800。DMC-GH1に搭載の撮像素子より高画素化したものの、回路の微細化により受光部を確保したという。映像処理エンジンは「Venus Engine FHD」を搭載。

 新しいLiveMOSセンサーは、高速読み出しに適した新規画素と専用ADCを内蔵。「DMC-GH1」(2009年4月発売)と比較して約3dB以上のノイズ改善と約2倍の高感度化を実現した。

 AFは、LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4-5.8 ASPH.の装着時(18mm)、無限遠から2mまでの駆動時間が最も速く0.099秒といい、「0.1秒高速AF」として訴求する。従来機種のDMC-GH1では同条件で0.2秒かかるため、およそ2倍のスピードとした。

 従来は常時60fpsのセンサー駆動だったが、DMC-GH2ではAF時のセンサー駆動を120fpsとすることでAFの高速化を図った。加えてフォーカスの動作予測処理や起動シーケンス短縮により、高速AFを実現したとしている。LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4-5.8 ASPH.のようなレンズでは、レンズ駆動より演算のほうが長くかかっていたため、特に効果があるという。カメラの起動時間もDMC-GH1比で約30%短縮した。

 動画記録は、AVCHDの1080/60i記録(センサー出力60コマ)に対応した。DMC-G2に引き続きタッチAFを利用できる。また、動画ユーザーからの強い要望で1080/24p(24Mbps)のネイティブ記録にも対応した。「シネライクガンマ」の適用でシネマカラーを使った映画的撮影も行なえるという。ライブビュー時のHDMI出力も可能とし、映像撮影の現場ではマスターモニターと接続できるようになった。

 動画撮影中の静止画記録は、メニューから2種類の挙動を選択可能になった。「写真優先」を選択すると、シャッターボタンを押した時点で14M(16:9)の静止画記録を行ない、記録中の動画は少しフリーズする。いっぽう「動画優先」を選択している場合は、動画がフリーズすることなく2Mの静止画記録(切り出し)を行なう。

 また、「クリエイティブ動画」も新機能。動画の撮影時と記録時のフレームレートを可変することで、シネライクな遅回しや早回しを可能とする。スピードは80%、160%、300%などが選択可能。

 「EXテレコン」(クロップ機能)を利用すると、装着レンズの焦点距離を望遠側にシフトしたような撮影ができる。静止画と動画の両方で使用でき、LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4-5.8 ASPH.装着時は望遠端で最大1,092mm相当の720p動画を記録できるという。

 静止画撮影の新機能として、「インテリジェントDレンジコントロール」を搭載。従来の暗部補正に加えハイライト部の補正も同時に行なうことで、白飛びや黒潰れを抑えた画像を撮影できる。

 また、超解像技術を利用した「新超解像」も新搭載。等倍鑑賞にも堪えるエッジ強調を行ないつつ、プリント時の解像感バランスを写真全体で最適化するという。

 連写はフル画素で5コマ/秒。DMC-GH1は3.5コマ/秒だった。電子シャッターを使用する場合、4M記録で40コマ/秒の撮影も可能。

 EVFは、マルチアスペクトに対応した152万ドット相当の「マルチワイドLVF」を搭載。駆動方式の変更により、カラーブレイク(色割れ)も大幅に改善したという。解像度は従来の800×600ドットから852×600ドットに拡大。アスペクト比が3:2および16:9の時に上下を切り詰めることなく横方向に伸びるようになり、16:9の時に最大倍率となる。

 3型46万ドットのタッチ式フリーアングル液晶モニターは、高演色高コントラストLCDを採用。色再現性を従来比25%向上したという。液晶モニターとEVFを切り替えるアイセンサーには、感度調整機能を追加。「弱」と「強」の2段階を選択できるようになった。

 本体上面と背面に合計3つのFnボタンを配置。「フィルムモード」、「ワンショットRAW+JPG」、「ワンショット スポット測光」、「フラッシュ光量調整」など、18種類の機能を任意に割り当てることができる。

 DMC-GH1ではグリップ部の前後にダイヤルを備えていたが、DMC-GH2はDMC-G2と同様、背面に1つだけとした。回転と押し込み操作に対応する。また、グリップ部にはエラストマー材を採用。ホールド性を向上した。

 付属ソフトは「PhotofunStudio 6.0 BD」を同梱。素材とシナリオのテンプレートを選択する「ショートムービーストーリー機能」を新たに搭載し、これまで以上にストーリー性を持った作品を作れるようになったという。

 同時発表の3D対応交換レンズ「LUMIX G 12.5mm F12 3D」との組み合わせで3D静止画を撮影可能。.MPO形式で保存し、2DのJPEG画像も同時記録する。パナソニックの3D対応テレビ「3Dビエラ」(2010年春モデル以降)やHDDレコーダー「DIGA」(2010年秋モデル以降)で再生できる。

 電源はリチウムイオン充電池の「DMW-BLC12」を新たに採用。従来機種との互換性はない。

 本体サイズは124×89.6×75.8mm。重量は392g(ボディのみ)。

  DMC-GH2 DMC-G2 DMC-GH1
発売時期 2010年10月 2010年4月 2009年4月
撮像素子 総画素数 1,831万 1,310万 1,398万
有効画素数 約1,605万 約1,210万 約1,230万
タイプ Live MOSセンサー
サイズ 4/3型
最高感度 ISO12800 ISO6400 ISO3200
映像エンジン ヴィーナスエンジンFHD ヴィーナスエンジンHD2 ヴィーナスエンジンHD
ダスト対策 スーパーソニックウェーブフィルター
手ブレ補正機構 レンズ内
動画フォーマット AVCHD
AVCHD Lite
Motion JPEG
ライブビューファインダー ドット数 約153万 約144万
倍率 約1.42倍 約1.4倍
液晶モニター サイズ 3型
ドット数 約46万
フリーアングル
最高シャッター速度 1/4,000秒
連写 約5コマ/秒 約3.2コマ/秒 約3.5コマ/秒
記録メディア SDXC
SDHC
SD
SDHC
SD
内蔵ストロボGN 13.9(ISO160) 11(ISO100)
電源 DMW-BLC12 DMW-BLB13
本体サイズ(mm) 124.0 約124.0 124.0
奥行き 75.8 約74.0 約45.2
高さ 89.6 約83.6 約89.6
本体重量(g) 約392 約371 約385


(本誌:鈴木誠)

2010/9/21 16:03