【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

トミーテック、超望遠レンズにもなる天体望遠鏡「BORG101EDII」


 トミーテックは、天体望遠鏡「BORG」(ボーグ)シリーズの新製品「BORG101EDII金属鏡筒」を12日に発売した。価格は19万8,000円。

BORG101EDII金属鏡筒

 別売の各種カメラマウントを装着することで、超望遠レンズとしても使用できる天体望遠鏡。「BORG101EDII対物レンズ」と「BORG金属鏡筒」からなる製品。従来モデル「BORG101ED」に対して、対物レンズの設計をデジタルカメラに合わせて新設計とした。画質が向上しているという。

 また、新たに対物レンズを収めるセル(枠)を厚くした。これにより耐衝撃性を高め、「ハードなフィールドでの使用にも耐える」としている。新製品の「レデューサー0.78×DGT」(焦点距離を短くすることでF値を下げる部品)と組み合わせた際の収差も抑えている。ファインダー台座には回転防止穴を新たに装備した。

 口径は101mm、焦点距離は640mm、明るさはF6.3、レンズ構成はEDレンズを含む2群2枚。全長は630mm、鏡筒径は80mm、最大径は115mm。重量は2.7kg。フードは固定式。

 BORG101EDII金属鏡筒単体のほか、各種のセットパッケージも用意する。

BORG101EDII4.1/6.3DGセット

 BORG101EDII金属鏡筒と「EDレデューサーF4DG」をセットにした製品。価格は31万5,000円。レデューサー使用時は焦点距離415mm、明るさF4.1になる。天体写真などに向くという。

BORG101EDII4.1/6.3DGセット(カメラマウントとカメラは別売)

BORG101EDII望遠レンズセット

 BORG101EDII金属鏡筒に「カメラマウントホルダーM」、「1.4倍テレコンバーターDG」、「鏡筒バンド80φ」をセットにした製品。価格は22万2,000円。野鳥の撮影などに向けたパッケージ。

BORG101EDII望遠レンズセット(カメラマウント、カメラ、三脚は別売)

BORG101EDII対物レンズ

 BORG101EDII金属鏡筒の対物レンズのみの製品。価格は16万8,000円。「BORG77EDII」のユーザーが購入するとアップグレードできる。BORG77EDIIと比較すると集光力が72%、焦点距離が25%向上する。

BORG101EDII対物レンズ

BORG101EDIISWIIセットDXII

 BORG101EDII金属鏡筒に、「片持ちフォーク式赤道儀」、「SWII三脚」、「31.7mmアイピースホルダー」、「鏡筒バンド+アダプターE」などをセットにした製品。価格は23万3,000円。天体望遠鏡仕様のセット。オプションのカメラマウントを装着すれば写真撮影が可能になる。

BORG101EDIISWIIセットDXII


(本誌:武石修)

2010/5/14 15:12