【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

マンフロット、「カーボンバサルトファイバー」採用の4段三脚


 マンフロットは、軽量・コンパクト三脚「M-Y」シリーズの4段三脚「7322CY」および「732CY」を26日に発売する。価格は、7322CYが2万3,520円、732CYが2万2,260円。

7322CY 732CY

 脚部に新開発のカーボンバサルトファイバー製パイプを採用。M-Yシリーズとしては初のカーボンファイバー使用モデルとなる。従来はアルミニウム製のパイプを使用していた。カーボンを70%、バサルトを30%とすることで、軽量性と剛性を確保するとともに価格を抑えた。軽量なデジタル一眼レフカメラや中型コンパクトデジタルカメラで初めて三脚を使う層に最適という。

 7322CYと732CYの違いはボール雲台の有無。7322CYにはボール雲台を内蔵し、クイックシューによる着脱が可能。732CYに装着する雲台についてマンフロットでは、3ウェイ雲台で「391RC2」もしくは「804RC2」、ボール雲台で「494」や「494RC2」などを推奨している。

7322CY内蔵のボール雲台 732CYは3/8インチネジを備える。アッパーディスクはアルミダイキャスト製
カーボン70%、バサルト30%のパイプ 滑り止めを備えたコラムレバー

 開脚角度は25度と51度の2段階で調節可能。ノブを回転することで調整できる。また、コラムレバーには滑り止めのゴムを装着した。

 三脚本体と脚パイプはネジで固定されており、ネジが緩んだ場合は六角レンチで締め直すことができるほか、パイプを引き抜いての交換にも対応した。パイプ径は22mm。レバー式の脚ロック機構を採用する。

 7322CYの全高は143cm、最低高は37cm、縮長は51cm、最大耐荷重は3.5kg、重量は1.28kg。

 732CYの全高は134.5cm、最低高は28.5cm、縮長は42.5cm、最大耐荷重は3.5kg、重量は0.95kg。

脚ロックはレバー式 ネジを緩めて脚パイプの交換が可能


(本誌:関根慎一)

2010/2/18 00:00