【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】

ソニー、エントリー向けの「サイバーショットDSC-W190」


 ソニーは、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショットDSC-W190」を6月26日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は2万円前後の見込み。

サイバーショットDSC-W190(ブラック) サイバーショットDSC-W190(シルバー)

 サイバーショットシリーズのエントリー向けとなるスタイリッシュモデル。モード切替にスライドスイッチを採用するなど、わかりやすい操作を取り入れた。

 撮像素子は1/2.3型有効1,210万画素CCD。最大記録解像度は4,000×3,000ピクセル。感度はISO100〜3200。320×240ピクセル、約30fpsのMotion JPEG動画も撮影できる。

 顔検出機能を応用した「スマイルシャッター」を搭載する。スマイルシャッターは、人物の笑顔を検出することで、シャッターが自動的に切れる機能。複数人のうち1人がの笑顔を検出してシャッターを切ることもできる。また、人物の顔に合わせてピント、露出、ホワイトバランス、肌の色を調整する「顔キメ」も備える。

正面(ブラック) 背面(ブラック)
正面(シルバー) 撮影時(シルバー)

 レンズは、35mm判換算の焦点距離35〜105mm、F3.1〜5.6の3倍ズーム。最短撮影距離は広角端で5cm、望遠端で40cm。手ブレ補正モードは電子式を採用。光学ファインダーは搭載しない。

 液晶モニターは約23万ドットの2.7型TFT。記録メディアはメモリースティックデュオ/PROデュオ/PRO-HGデュオ。内蔵メモリは12MB。電源はリチウムイオン充電池「NP-BK1」。CIPA準拠の撮影枚数は290枚。

 本体サイズは91×18.7×54.5。重量は約118g(本体のみ)、約140g(記録メディアとバッテリーを含む)。

 なお、 同じくサイバーショットWシリーズに属する「サイバーショットDSC-W170」(2008年4月発売)、「同DSC-W120」(2008年3月発売)、「同DSC-W110」(2008年5月発売)は生産を終了している。

本誌:武石修

2009/5/28 15:39


デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.