【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
 
4月号【山口愛実 + ニコンD3S】1週目
〜安心して撮影できるハイエンド!


 4月号は、ニコン「D3S」と山口愛実ちゃんの登場だ。ここのところ東京は冬に戻ったような寒さだったが、撮影日はその前の週だったので朝から撮影日和。とっても気持ちいい数時間だった。さらにこれまで何度も使ったスタジオなのだが、リニューアルし、別の場所で撮っている雰囲気。改装後、すでにほかのカメラマンも撮っているらしいが、公開するタイミングでは本連載が初になるかも知れない。

 D3Sの主な仕様は、有効約1,210万画素で36×23.9mmのFXフォーマットCMOSセンサー搭載、最大記録画素数4,256×2,832ピクセル、ISO200〜12800(拡張設定時ISO100〜102400相当)、バッテリーはリチウムイオン充電池「EN-EL4a」、記録メディアはCFのデュアル、約92万ドット3型液晶モニター……などを備え、同社のハイエンドクラスとなる。「D3」の後継機に相当し、イメージセンサークリーニング機構や動画機能、高感度性能などがパワーアップしている。

 4月号の撮影で使用したレンズは、「Ai AF Nikkor 24mm F2.8」、「Ai AF Nikkor 35mm F2」、「Ai AF Nikkor 50mm F1.4」の3本。35mmフルサイズのイメージャーなので、加えて「Ai AF Nikkor 85mm F1.4 D(IF)」も持っていけば良かったと、後から思ってしまった。いずれしても長年「D2X」を使いグラビアを撮っている3点セットなので安心して撮影できた。

 写真はすべてRAW+JPEG/サイズSで撮影、同梱の「ViewNX」で現像し、サムネイルはPhotoshopで縮小、Nikon ViewNXで出力解像度をリンク先サイズの2,544×1,633ピクセルへ縮小しつつJPEGに変換している。また今回のRAWは、12bitではなく14bitに設定している。この手の写真で差が出るか分からないものの、メディアの余裕もあるので念のためといった感じだ。

 現像パラメータに関しては、全てノーマル。カットに応じて、露出補正、ホワイトバランス、コントラスト、ハイライト、シャドー、D-ライティング、カラーブースター(人物)、軸上色収差補正などを触っている。中でも多く調整しているのは、露出補正とカラーブースターだろうか。

 カメラの設定も全てノーマルの状態。上ブロックISO200、絞りF5〜5.6、シャッタースピード1/320〜1/500秒。レンズは左下のみAi AF Nikkor 35mm F2、ほかはAi AF Nikkor 50mm F1.4。下ブロックISO200、絞りF5〜F5.6、シャッタースピード1/400〜1/500秒。レンズは右上Ai AF Nikkor 24mm F2.8、左上Ai AF Nikkor 50mm F1.4、ほかはAi AF Nikkor 35mm F2となっている。ISO200スタートで天気も良かったため、割とシャッタースピードは早めだ。

 山口愛実ちゃんの第一印象は「指の使い方がうまい(色っぽい)!」だった。グラビアの場合、眼や表情、そしてポーズが多くの要素を占めるものの、実は指の表情もかなり重要だったりする。例えば全く同じ構図、表情でも、手の位置や指の形が違うだけで、受ける印象は随分違うものだ。ところでリニューアルしたこのスタジオの雰囲気は如何だろうか。同じ屋上、そして細い通路もかなりイメージが変わっている。今月号はできるだけ変わった場所を中心に撮影した。(つづく)

actress 山口愛美AVILLA
photographer 西川和久
D3S
Ai AF Nikkor 24mm F2.8
Ai AF Nikkor 35mm F2
Ai AF Nikkor 50mm F1.4



西川和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機器としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、dwango.jp(待受)のグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.iwh12.jp/blog/

2010/4/2/ 00:00