【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
 
1月号【伊藤えみ + ニコンD300S】4週目
〜オフショット編

 4週目の原稿は、実機を使ってから約1カ月後に書いているので、何時もネタに困ることが多い。こんな時は、該当するカメラのHPを見ながら、そこに書かれている特徴、機能、操作性……などを眺めていると「あ! そうだった」と、思い出すことも多い。今回目に止まったのは高速性能だ。

 筆者の場合、いにしえのデジタル一眼レフカメラ、キヤノン「EOS DCS 1c」(液晶モニター無し、バッテリー固定、Type III HDDなど)からデジタルカメラユーザーなので、当時のことを思えば、今の一眼レフカメラは少々何があってもあまり気にならない。ただカメラという特性上、パッと起動して、サクっと撮れる方が良いに決まっていて、これが遅いと流石にイライラしてしまう。この「D300S」は、起動時間0.13秒、シャッタータイムラグ約0.049秒と、もはやその時間を無視できるレベルにある。一見、カメラなので普段は考えてもみないが、内部はCPUなど電子パーツの塊だ。PCも電源ONからBIOSの画面を表示するまで一呼吸かかるので、この起動速度はかなり驚異的。

 次は連写性能があげられる。D300Sは標準バッテリーで約7コマ/秒の連写が可能。12.1メガピクセルもの画像データを1秒に7枚保存できるのだから処理速度も含め、もの凄いスピードだ。筆者の場合、連写は使わないので、昔から連写性能より、即写性能の方を重視してきたが、連写でこれだけのコマ数なので、即写はもちろん問題にならない。考えて見れば10年前と撮り方も随分変わり、当時即写で秒間数コマ撮るのが当たり前だったが(一日撮ると数千枚なんて何時もだった)、最近は秒間1コマ撮れればお釣りがくるほど、のんびりシャッターを切っている。歳のせいかも知れないが(笑)

D300S + Ai AF Nikkor 35mm F2
ISO400 / WB:オート / F3.2 / 1/250秒 / RAW ((ViewNXで現像)



 この撮影が終わってから、皆で遅い昼食をしたのだが、えみちゃんとマネージャーの付き合いはかなり長いらしく、いろいろな話をしている中、ボケもツッコミもお互い息がピッタリで、見ていて(聞いていて)なかなか面白かった。もちろん筆者も昔から知っているので、昔話で盛り上がり楽しいひと時。この現場に限らず撮影後の食事は何時も楽しみにしている。

actress 伊藤えみブレイクアレッグ
photographer 西川和久
D300S
Ai AF Nikkor 35mm F2



西川和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機器としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、dwango.jp(待受)のグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.iwh12.jp/blog/

2010/1/29/ 00:29

デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.