【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

写真で見る富士フイルム「FinePix F300EXR」

Reported by 本誌:鈴木誠

FinePix F300EXR

 ※試用したFinePix F300EXRはプロトタイプです。製品版とは異なる可能性があります。

 富士フイルムが9月4日に発売するコンパクトデジタルカメラ「FinePix F300EXR」をお借りできたため、外観写真を中心にお届けする。

 FinePix F300EXRは、24-360mm相当、開放F3.5-5.3の光学15倍ズームレンズを搭載するコンパクトデジタルカメラ。撮像素子にAF測距センサーを組み込み、位相差AFを可能とした新開発のスーパーCCDハニカムEXRを搭載した。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万5,000円前後の見込み。

 注目の位相差AFは、期待通りの速さ。特に望遠側における合焦までの速度が、コンパクトデジカメにしては高速に感じられる。コントラストAF特有のフォーカス動作(全スキャン)がないことから、迷いなくピントが合う印象を受けた。

 また、レンズ収納時に沈胴する際、構成レンズのうち2群を鏡胴内でスライドさせて収納する「ツインシフトレンズ」機構を採用し、ボディ最薄部を22.9mmとした。最大360度のパノラマ写真を撮影できる機能「ぐるっとパノラマ360」なども搭載する。

 なお、詳細なスペックなどについては記事末の関連記事を参照されたい。


外観

上面の操作部。モードダイヤルを斜めに配置した 背面の操作部。新たにコマンドダイヤルを備えた
電源オンに連動してストロボがポップアップする 赤外線通信ポート
側面にUSB・A/V OUT兼用端子とHDMI Micro Connectorの端子を備える
バッテリーとメモリーカードの挿入部 付属のバッテリー「NP-50」とチャージャー「BC-45W」

瞬速フォーカス

 いずれもマクロモードに設定。FinePix F300EXRの望遠端でのほぼ最短距離で撮影を行なっている。

FinePix F300EXRのAF動作
(参考)リコー「CX1」のAF動作

画面

・撮影関連

撮影画面。表示モードは「ベストフレーミング」 マニュアル露出時の画面。露出補正ボタンで設定する値を切り替え、コマンドダイヤルの回転で値を変更する
ベビーオートシャッターはセルフタイマーのメニューから利用可能 位相差AFとコントラストAFを任意に選択することはできない
動画記録中の撮影画面 動画記録中は動画ボタンわきのランプが赤く点灯する
「連写重ね撮り」や「ぼかしコントロール」をアドバンストモードに搭載した
「ぐるっとパノラマ360」の画角設定メニュー

・フォトブックアシスト

ピクチャーサーチと同様、再生画面のメニューから呼び出せる 画像をプレビューしながら、使用する画像にチェックを付けていく
作成したブックの一覧。店頭端末にも同様の画面が表示される カメラ内でブックの写真をプレビューしているところ



鈴木 誠

2010/7/27/ 00:00