【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

写真で見る「オリンパス・ペンライトE-PL1」

Reported by 本誌:鈴木誠

オリンパス・ペンライトE-PL1

 オリンパスが3月5日に発売するレンズ交換式デジタルカメラ「E-PL1」(シャンパンゴールド)をお借りできたので、外観などを中心にお伝えする。実写画像などは後日掲載の予定。

 E-PL1は、E-P2/E-P1の下位モデル。店頭予想価格は「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 L」が付属するレンズキットが8万円前後、レンズキットの内容に加えて「ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4-5.6」とフォーサーズアダプター「MMF-2」が付属するダブルズームキットが10万円前後の見込み。ボディカラーはシャンパンゴールドのほかに、ホワイト、ブラックを用意する。

 iAUTOモードに「鮮やかさ」、「色合い」、「明るさ」などをスライダーで調整できる「ライブガイド」機能を新搭載。テキストや作例による撮影のヒントを読むこともできる。

 アートフィルターには新たに「ジェントルセピア」が加わり、既存のアートフィルターと同様に動画撮影時も利用可能。

 また、マイクロフォーサーズ規格のオリンパス・ペンシリーズで初めてストロボを内蔵。独自の「ワイヤレスRCフラッシュシステム」に対応し、最大3グループのTTL多灯システムを組むことができる。

 撮像素子はE-P2/E-P1と同等の有効1,230万画素、4/3型ハイスピードLive MOSセンサー。センサーシフト式手ブレ補正機構、720pのHD動画撮影機能などを利用できる。外付けEVFやマイクアダプターもE-P2と同様に使用可能となっている。


外観

 
E-P1/E-P2からレイアウトが大きく変わったシャッターボタン周り。露出補正ボタンが背面部に移動し、モードダイヤルが左手側から右手側に移動した 背面の操作部。2つのダイヤルがなくなった
背面の操作ボタンをE-P2(右)と比較。メインダイヤル、サブダイヤル、上面の露出補正ボタンがなくなり、ムービーボタンが新設。カーソルキーの割り当ても変わった
ストロボとEVFなどの装着時に利用するアクセサリーポート。ストロボのポップアップは手動 内蔵ストロボをポップアップさせたところ
USB端子とHDMI端子 バッテリーはE-P2/E-P1と同じ「BLS-1」を採用。対応メディアは引き続きSDHC/SDメモリーカード

レンズ装着例

・M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 L

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 Lを装着したE-PL1
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 LをE-P2/E-P1レンズキットの「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」(右)と比較 マウント部。M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 L(左)は樹脂マウントの採用で軽量化した

・ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4-5.6

ダブルズームキットに含まれるフォーサーズアダプター「MMF-2」と「ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4-5.6」を装着したところ
ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4-5.6 マウント部は樹脂

・フォーサーズアダプター「MMF-2」と「MMF-1」

左が新しいMMF-2。カラーがブラックになった
MMF-2の重量はMMF-1の約半分
MMF-2を利用してZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4-5.6を装着 MMF-1を介して装着した例

マイクセット「SEMA-1」

マイクアダプターはホットシューに装着。アクセサリーポートを利用する ステレオミニ端子を持つEMA-1にマイクを取り付ける。市販のステレオマイクも使用可能
同梱の延長ケーブルでステレオマイクをカメラ本体から離し、レンズの駆動音などを抑えた動画記録が行なえる マイクセットの同梱品一式

E-P2(シルバー、右)との比較

 

画面など

・ライブガイド

各パラメーターをスライダーで調節する ライブガイドの表示・非表示はメニューで選択可能
ジャンルごとに撮影のヒントも用意 作例とテキストを見ることができる

・アートフィルター「ジェントルセピア」

新アートフィルターのジェントルセピア ジェントルセピアを利用して動画撮影を行なっているところ

・ストロボ関連

メニューにストロボ関連の項目が増えた カスタムメニュー内のストロボ関連設定
ライブコントロールのストロボ設定項目 RCモードをオンにした場合の表示
発光量補正は最大±3EV。補正も行なえる ライブコントロールでも発光量の補正を行なえる

・機能割り当て

新設された動画ボタンに任意の機能を割り当てることができる Fnボタンにも機能割り当てが可能

・撮影画面

ヒストグラムを表示したところ E-P2から搭載のi-FINISHを利用可能

・再生画面

最大14倍まで任意の場所を拡大できる 撮影情報表示
動画再生画面
インデックス再生は4コマ、9コマ、25コマ、100コマの表示が可能 カレンダー表示も行なえる

鈴木 誠

2010/2/25/ 00:00