デジカメアイテム丼

開閉で音が出ない“静音”タイプの記録メディアケース

MindShiftGEAR「House of Cards」

今回は、MindShiftGEAR(マインドシフトギア)の記録メディアケース「House of Cards」を紹介する。銀一が扱っており、価格は税別2,600円だ。

MindShiftGEARは、カメラバッグメーカーのシンクタンクフォトの元スタッフらによって創設されたブランド。カメラバッグが主力だが、小物アクセサリーを収納するポーチ類のラインナップが充実している。

そうした中、5月に登場したHouse of Cardsは一見よくある記録メディアケースだが、ベルクロ(面ファスナー)を使わない“静音タイプ”なのが特徴となっている。

ご存じの通り、ベルクロタイプは開けるときにベリベリッと大きな音が出る。そのため静かな場所や音に敏感な動物の撮影中は気を遣うことがあった。また、自分や周りが動画を撮影している状況では、やはり“ベリベリッ”は避けたい。

しっかりとしたゴム紐で固定できる

その点、House of Cardsはゴム紐で固定するので、開くときにほとんど音が出ない。ゴム紐を掛けたり外したりするのは一瞬ででき、ベルクロタイプに比べて特に使いにくいと言うことは無かった。また固定力も問題なく、紐が自然に外れるといったことは考えにくい。

収納力はCFが6枚、SDカードが3枚となっている。現物を見て芸が細かいと思ったのは、SDカード収納部に硬い板が入っていたことだ。CFに比べて曲がりやすいSDカードをしっかり保護するというわけだ。

記録メディアを収納したところ
スムーズに出し入れできる
こちらはSDカード収納部

MindShiftGEARの記録メディア専用ケースはHouse of Cardsだけなのだが、最近はSDカードしか使わないユーザーも多いと思うのでSDカード専用のタイプも登場するとよいと感じた。

ゴム紐で固定したところ。ストラップも付いている
ストラップはズボンに付けておくと、紛失を防げる
ネームカードポケットも備えている

複数枚の記録メディアを持ち歩く人や、記録メディアケースの購入を考えている人はチェックしてみてはいかがだろうか。

(本誌:武石修)