イベント

サッカー実践フォトセミナー2016

FC岐阜vsヴィッセル神戸を撮影

FC岐阜のブラジル人選手、ジウシーニョ(背番号9)がゴールした際にブラジル人選手、レオミネイロ(同33)とヘニキ(同15)が駆け寄って祝福している(撮影:山田一仁)

Kaz Photographyは、「サッカー実践フォトセミナー2016」を2月20日〜21日にかけて開催する。

プロスポーツカメラマン山田一仁氏による指導のもと、FC岐阜 vs ヴィッセル神戸の試合をピッチレベルで撮影できるセミナー。例年開催している。

試合会場での撮影指導のほか、試合前後の講習、撮影写真の講評などを行う。参加者による懇親会(希望者)も設ける。セミナーは2日間通し。定員は12名。受講料は税込3万9,800円。宿泊料や現地までの交通費は含まれない。

今回はFC岐阜U18の紅白戦、または練習試合を初日に撮影することで、プレシーズンマッチの予行練習ができるようにした。また新たに、2日目の試合終了後の「キックオフイベント」が撮影可能になった。これは選手とスポンサーとの交流イベントで、その際にポートレート撮影などが行える。

協賛社のサンディスク、ニコンイメージングジャパン、マンフロットが機材面で協力。カメラ、レンズ、一脚、CFを無償で貸与する。カメラとレンズはD4、70-200mm F2.8、300mm F2.8、400mm F2.8、500mm F4などが予定されている。

賞品も用意し、「ベストショット賞」にはジッツオのカーボン一脚、「ベストプログレス賞」にはサンディスクのエクストリーム・プロ・コンパクトフラッシュカード(64GB)を贈る。参加賞としてサンディスク、ニコン、マンフロットのノベルティグッズもプレゼントする。

募集は2月15日正午まで。セミナーの詳細や応募方法は、Kaz PhotogaphynのWebサイトで。

山田一仁氏