ニュース

スリック、小型三脚「アル・ティム」シリーズを発売

アルミ・マグネシウム・チタン合金の脚パイプ

アル・ティム 330 E

ケンコー・トキナーは、スリック小型三脚の新シリーズ「アル・ティム(AL-TIM)」を3月25日に発売した。

最大パイプ径23.4mmのAMT合金パイプを採用したスタンダード三脚「アル・ティム 330 E」と「アル・ティム 340 E」、 雲台を動画対応タイプに変更した「アル・ティム 330 HD」と「アル・ティム 340 HD」の4機種をラインナップした。

なお、シリーズ名のアル・ティム(AL-TIM)とは、アルミ(AL)、チタン(TI)、マグネシウム(M)の頭文字をとったものであり、ULTIMATE(アルティメイト=究極の)という意味も込められている。同社によると、スリックの小型金属製パイプ三脚の決定版となるシリーズだという。

アル・ティム 330 E

3段の小型ベーシック三脚。AMT合金により強度を保ったまま、パイプの厚みを0.8mm(通常のアルミでは1.1mm)とし、軽量化を実現。希望小売価格は税別2万6,000円。

また、回転防止とさらなる強度アップのため、2本の溝を入れた特殊な形状を採用している。この構造により、内側に突起を設けて回転を防ぐタイプのパイプとは異なり、パイプをより薄く、軽く作ることが可能だという。

脚部のロックはレバー方式を採用。雲台は2ハンドル3ウェイ式、カメラの取付はクイックシュー式(DIN規格)となる。

脚パイプにはウレタングリップを備えており、脚取付部にある「開脚ストッパー」を引き出すことで、通常の開脚角度に加え、ミドルポジションとローポジションの計3段階に調整可能。

全高は1,607mm。エレベーター下げ全高は1,257mm。縮長は596mm。地上最低高は309mm。最大パイプ径は23.4mm。段数は3段。重量は1,830g。搭載機材の最大重量は3kg。

アル・ティム 340 E

脚の基本性能は「アル・ティム 330 E」と同等としながらも、4段になった小型ベーシック三脚。縮長555mmと航空機持ち込みに対応するサイズながら、全高は1,610mmと十分な高さを確保しているのが特徴。希望小売価格は税別2万7,500円。

全高は1,610mm。エレベーター下げ全高は1,320mm。縮長は555mm。地上最低高は290mm。最大パイプ径は23.4mm。段数は4段。重量は1,830g。搭載機材の最大重量は3kg。

アル・ティム 330 HD

アル・ティムシリーズの動画対応版。 脚部分は「アル・ティム 330 E」と共通仕様となっており、雲台に動画対応の「SH-737 HD」を採用している。希望小売価格は税別2万9,000円。

雲台は、2ハンドル3ウェイ式。フリクションコントロールにより、動きの固さの調整が可能。動画にはフリクションを強めに、写真撮影時はフリクションを弱めにといった使い分けができる。

また、雲台の摺動部にはオイルを封入したオイルフリュード式となっており、カメラ取付はクイックシュー式(DIN規格)となる。

全高は1,607mm。エレベーター下げ全高は1,257mm。縮長は596mm。地上最低高は309mm。最大パイプ径は23.4mm。段数は3段。重量は1,890g。搭載機材の最大重量は3kg。

アル・ティム 340 HD

動画対応雲台を採用。脚部分は「アル・ティム 340 E」と共通仕様となり、雲台は「アル・ティム 330 HD」と同じ動画対応の「SH-737 HD」を採用している。希望小売価格は税別3万500円。

全高は1,610mm。エレベーター下げ全高は1,320mm。縮長は555mm。地上最低高は290mm。最大パイプ径は23.4mm。段数は4段。重量は1,890g。搭載機材の最大重量は3kg。

飯塚直