ニュース

スマホ接続に対応したお手頃一眼レフ「EOS Kiss X80」

レンズキットで5万円台 モニター解像度アップ

キヤノンは、エントリーユーザー向けのデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X80」を4月14日に発売する。同社オンライン直販価格は、標準ズームレンズ付きのキットで税別5万4,800円、ボディのみで税別4万5,800円。

9つのシーンに応じた撮影モードや、機能ガイドの搭載など、初めてデジタル一眼レフカメラを使うユーザーを意識したエントリーモデル。既存の「EOS Kiss X70」(2014年3月発売)に比べて、Wi-Fi/NFC機能を新搭載しているのが見どころ。

Wi-Fi/NFC搭載により、スマートフォンとの連携が容易になった。撮影画像の転送やリモート撮影が行えるほか、キヤノンのフォトストレージ「Connect Station CS100」との連携も可能としている。

撮像素子は有効1,800万画素のCMOSセンサー。APS-Cフォーマットで、35mm判フルサイズのEOSには付かないキヤノンEF-Sレンズも利用できる。感度はISO100〜6400(拡張HでISO12800相当も)。有効画素数は既存のEOS Kiss X70と同じ。

シャッター速度は1/4,000秒〜30秒。連写速度は最高約3コマ/秒。

ストロボ同調速度は1/200秒。ポップアップ式の内蔵ストロボを搭載する。

動画記録は最大1,920×1,080/30pのH.264に対応。

液晶モニターは固定式の3型約92万ドット。X70の約46万ドットに比べ高解像度化している。

電源はバッテリーパックLP-E10。撮影可能枚数は約500枚(ファインダー)、約180枚(EVF)。

記録メディアはSDXC/SDHC/SDカード。

外形寸法は約129×101.3×77.6mm。重量は約485g(バッテリー、メディア込み)、約440g(本体のみ)。