ニュース

Map Camera、1月の新品・中古売上ランキングを発表

D5500ダブルズームキットが1位 中古はα7シリーズが人気

シュッピン株式会社は2月1日、Map Cameraにおける2016年1月の新品・中古デジタルカメラ売上ランキングを発表した。Map CameraのECサイトおよび店頭での結果。

新品

1位:D5500ダブルズームキット(ニコン)
2位:D5300ダブルズームキット2(ニコン)
3位:EOS 6D EF24-105Lレンズキット(キヤノン)
4位:EOS Kiss X7ダブルズームキット(キヤノン)
5位:α7 II(ソニー)
6位:D7200(ニコン)
7位:PEN Lite E-PL7 14-42mm EZレンズキット(オリンパス)
8位:α7R II(ソニー)
9位:X-T10レンズキット(富士フイルム)
10位:EOS 7D Mark II(キヤノン)

D5500はキャッシュバックキャンペーンの終了直前に人気が増した模様。X-T10は海外からの来店客にも人気があるという。

D5500

中古

1位:EOS 5D Mark II(キヤノン)
2位:EOS 7D(キヤノン)
3位:EOS 6D(キヤノン)
4位:α7 II(ソニー)
5位:EOS 5D Mark III(キヤノン)
6位:α7(ソニー)
7位:α7R(ソニー)
8位:α7S(ソニー)
9位:D810(ニコン)
10位:D750(ニコン)

α7シリーズは入荷するとすぐに完売するとのこと。9位には、新品との価格差が大きいD810がランクインした。シュッピンでは「ユーザーの需要に価格がマッチしてきた」とコメントしている。

EOS 5D Mark II