ニュース

ニコン、単3電池対応のコンパクトデジカメ

広角26mm相当からの5倍ズームレンズ搭載

ニコンは、レンズ一体型デジタルカメラ「COOLPIX A100」と「COOLPIX A10」を1月28日に発売する。価格はいずれもオープンプライス。それぞれシルバーとレッドを用意する。

COOLPIX A100がリチウムイオン充電池を採用するのに対して、COOLPIX A10は単3電池を採用するのが特徴。

COOLPIX A100

1/2.3型有効2,005万画素CCDを搭載するモデル。店頭予想価格は税込1万3,000円前後の見込み。

レンズは35mm判換算の焦点距離26-130mm相当の光学5倍ズーム。最短撮影距離は10cm。最高感度はISO3200。1,280×720のAVI動画も撮影できる。

8種類のスペシャルエフェクトや、撮影後に適用できる6種類のクイックエフェクトおよび12種類のメイクアップ効果を搭載する。

液晶モニターは約23万ドットの2.7型。内蔵メモリーは25MB。記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカード。電源はリチウムイオン充電池「EN-EL19」。撮影可能枚数は約250コマ。

外形寸法は約94.5×58.6×19.8mm、バッテリーと記録メディアを含む重量は約119g。

COOLPIX A10

1/2.3型有効1,614万画素CCDを搭載するモデル。店頭予想価格は税込1万1,000円前後の見込み。

レンズや液晶モニターのスペックはCOOLPIX A100と同じだが、本モデルは単3電池×2本を電源として採用している。スペシャルエフェクトとクイックエフェクトも利用できる。

最高感度はISO1600。動画は1,280×720のAVI。内蔵メモリーは17MB。記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカード。

記録可能枚数は約200コマ(アルカリ電池使用時)、約730コマ(リチウム電池使用時)、約500コマ(EN-MH2使用時)。

外形寸法は約96.4×59.4×28.9mm、重量は約160g。