ニュース

「おもいでばこ」が縦動画の表示に対応

iPhone 6s/6s PlusのLive Photosも再生可能に

株式会社バッファローは11月19日、「おもいでばこ」PD-1000シリーズ用ソフトウェアアップデートを公開したと発表した。

新ソフトのバージョン番号は1.20。

最近インターネットで良く見かけるのが、スマートフォンおよびタブレットによる「縦持ち動画」。モバイルデバイスがここまで普及しなければ、これほどまでに見る機会はなかっただろう。YouTubeでもアップロードした動画に対し、90度回転させる機能があるほどだ。

新ソフトでは、これまでテレビ上で横倒しで表示されていた縦持ち動画が、縦のまま表示されるようになる。

縦動画の再生イメージ

また、おもいでばことiOS 9で動作するiPhone/iPadとをLightningケーブルを接続した際、iOSデバイス内の写真や動画を取り込めない問題が修正された。

同時に、iPhone 6s / 6s Plusの「Live Photos」動画のとりこみにも対応。こちらもケーブル接続で取り込める。Live Photosは撮影の際、シャッターボタンを押す前後の動画を自動に記録しておき、写真の再生時にちょっとした動きを与えるもの。Live Photosの完全再生に対応した機器はまだ少ない。

SDメモリーカードからのとりこみ機能も強化された。「直近1時間」「直近3時間」「直近6時間」「今日」「昨日から今日」「1週間以内」「2015年1月1日〜3日」といった形で指定できる。

8月27日のアップデートで加わったサイネージ向けの機能も強化が図られた。

具体的には、ホームスライドショーでのみ、差込みスライドショーを行う設定が可能になった。

ホームスライドショーとは、あらかじめ表示するアルバムや範囲を指定しておくことで、スライドショーボタンを押すだけでスライドショーが始まる再生方法。

差し込みスライドショーとは、スライドショー再生中に、指定したアルバムの写真を設定した頻度で差し込むもの。この差し込みスライドショーを、ホームスライドショーのみに限定できるようになった。

その他、バックアップハードディスクをスタンバイ状態にしておけるようになった。おもいでばこ利用時に静音性が向上するという。

また、リモコンのテレビ設定画面表示が大きくなったほか、スライドショー再生時の安定性向上というアップデートも盛り込まれている。

おもいでばこ「PD-1000」(内蔵HDDの容量1TB)と「PD-1000-L」(同2TB)は、バッファローが3月に発売したデジタルフォトアルバム。カメラの画像を本体に取り込み、テレビやスマートフォンなどで閲覧できる。実勢価格はPD-1000が3万3,500円前後、PD-1000-Lが4万5,000円前後(いずれも税込)。