ニュース

SIGMA 24-35mm F2 DG HSMの発売日が決定

フルサイズ用初のF2ズーム キヤノン用・シグマ用が30日に発売

株式会社シグマは7月17日、35mmフルサイズ用交換レンズ「SIGMA 24-35mm F2 DG HSM|Art」の発売日を公開した。キヤノン用とシグマ用を7月30日に発売する。ニコン用の発売日は引き続き未定。

35mmフルサイズに対応する交換レンズで、ズーム全域F2を実現。シグマは「世界初の開放F2の大口径広角ズームレンズ」としている。24mmと35mmの焦点距離では、Artラインで展開している2つの単焦点レンズと同等の光学性能が楽しめるという。

大口径非球面レンズのほか、FLDガラス1枚、SLDガラス7枚(SLD非球面レンズ2枚を含む)を採用。球面収差、軸上色収差、像面湾曲を補正した。レンズ構成は13群18枚。

インナーフォーカス、インナーズームを採用する。フレアやゴーストを低減するスーパーマルチレイヤーコートも施した。AF駆動は超音波モーター。フルタイムMFが可能となっている。

フィルター径は82mm。最短撮影距離は28cm。最大撮影倍率は1:4.4。絞り羽根は9枚(円形)。最大径×全長は87.6×122.7mm。重量は940g。

メーカー希望小売価格は税別15万円。ケースと花形フードが付属する。マウント交換サービスにも対応。