ニュース

タムロン、EOS 5Ds/5Ds Rのライブビュー撮影で不具合

一部レンズでAF動作せず 無償対応

対象製品のひとつ、SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012)
キヤノンEOS 5Ds

タムロンは6月22日、同社の一部レンズとキヤノンEOS 5Ds/5Ds Rの組み合わせにおいて、ライブビュー撮影時にAFが正常動作しないと発表した。対象の個体には「AF対応サービス」を無償で提供する。

対象機種は次の通り。2015年5月11日以降の製造・出荷分は対応済み。

対象機種

  • SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012)
  • SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD (Model A009)
  • SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)
  • SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F004)
  • 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)
  • 16-300mm F/3.5-6.3 Dill VC PZD MACRO (Model B016)

上記製品であっても「EOS 8000D、EOS Kiss X8iのライブビュー撮影時のAF対応サービス」もしくは「SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)/流し撮り対応サービス」で調整済みの個体は正常動作するという。

詳細や申し込み方法は、同社のWebサイトで確認できる。

EOS 5Dsは、キヤノンが6月18日に発売した35mmフルサイズセンサー搭載のデジタル一眼レフカメラ。EOS 5D Mark IIIの派生モデルで、有効約5,060万画素の高解像度を特徴とする。ローパスフィルター効果の無効化により更に解像力を高めたEOS 5Ds Rも用意している。