ニュース

東芝、無線LAN搭載SDHCカード「FlashAir」に新型

ネットワークドライブとしてアクセス可能に

東芝セミコンダクター&ストレージ社は、無線LAN搭載SDHCメモリーカードの新製品「FlashAir SD-WEシリーズ」を3月14日に発売する。

価格はいずれもオープン。店頭予想価格は、8GBが4,600円前後、16GBが6,500円前後、32GBが8,600円前後の見込み(税込)。

無線LAN機能を内蔵し、スマートフォンやパソコンからネットワーク経由で撮影画像を取り出せるSDHCカード。SDスピードクラスはClass10。

新たにWebDAV(Web-based Distributed Authoring and Versioning)に対応し、「FlashAirドライブ」機能としてパソコンのOS標準ファイル管理ソフト(エクスプローラーやFinder)からFlashAir上のファイルを扱えるようになった。

従来は、WebブラウザからFlashAirにアクセスし、画像を1枚ずつコピーする必要があった。新製品ではパソコンのデスクトップ上で複数ファイルの一括コピーも可能。

また、特定日付の写真を限定的に公開できる「フォトシェア機能」が、Webブラウザだけでなく公式アプリからも利用可能になる。対応する最新バージョンのアプリは近日公開予定としている。

従来のFlashAirを、ソフトウェア更新によりSD-WEシリーズ相当とすることはできない。