ニュース

ニコン、画像閲覧に特化した無償ソフト「ViewNX-i」

Capture NX-Dと連携して現像も

ニコンは、画像活用ソフト「ViewNX-i」の無償ダウンロードを3月17日に開始する。

同社が従来提供していた画像ソフト「ViewNX 2」の後継品。ViewNX 2のユーザーインターフェースを踏襲しながら、ワークスペースの切り替えが簡単にできるタブの設置や、使いたい機能をわかりやすく表示するアウトプットバーを搭載するなど、閲覧機能に特化した。

同じく同社が無償提供しているRAW現像ソフト「Capture NX-D」と連携することで現像や画像の調整ができる。

対応OSはWindows 7/8、Mac OS X 10.8.5/10.9.5/10.10.2(ViewNX-Movie Editorを使うには10.9.5、10.10.2が必要)。

タブでは「ブラウザー」「地図」「Webサービス」が切り替え可能。2画面比較表示にも対応する。一眼レフカメラ風の撮影情報表示も可能。

フォルダをまたいで画像を一時保管できるフォトトレイ機能やSNSへの投稿機能も備える。

動画は、ViewNX-iに含まれるViewNX-Movie Editorで編集できる。