ニュース

日本カメラ博物館で「クラシックカメラ少女展」

ローライフレックスSL66、コニカIIIAなど登場 もちろん実機も展示

 日本カメラ博物館は、特別展「〜カメラとイラストのコラボレーション〜 クラシックカメラ少女展」を2015年2月3日〜4月19日まで開催する。所在地は東京都千代田区一番町25 JCIIビル地下1階。

 作品集「クラシックカメラ少女」に掲載されているイラストの大型パネル40点と、イラストの中の少女が持つカメラの実機を解説文とともに展示する特別展。

 クラシックカメラ少女は、2012年にマックスから出版されたイラスト作品集。銀塩カメラを持った少女のイラストとともに、少女が持っているカメラの詳細な解説文を掲載している。

 掲載機種は、Ernst Leitz Leica M3、KODAK Retina IIIc、CONTAX RTS II Quartz、OLYMPUS PEN-FT、Rolleiflex 2.8Fなど全43機種。前身は、サークル「suntrap notes.」のかつゆー氏による同名の同人誌。

 会期中は、本展に関連したイベントも実施予定。

 開館時間は10時〜17時。休館日は毎週月曜日(祝日の場合は翌日)。入場料は一般300円、中学生以下無料。10名以上の団体割引で200円になるほか、フィルムカメラを持参すると一般入場が200円になる。

関根慎一