ニュース

PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6が11月21日発売

24.5mm相当からの標準ズーム 防滴構造を採用

 リコーイメージングは11月11日、Kマウントの標準ズームレンズ「HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR」の発売日を11月21日に決定した。

 10月30日に正式発表されたとき、近日発売となっていたレンズ。35mm判換算での焦点距離24.5mm〜130mm相当、約5.3倍ズームとなっている。防滴構造を採用する。

 レンズ構成は高性能非球面レンズ3枚、特殊低分散(ED)ガラスを1枚使用した12群16枚。高画素イメージセンサーに対応するため、従来の同クラスのレンズより解像力を高めたという。

 ゴーストやフレアーの発生を抑える「HDコーティング」も施した。

 MFでのピント合わせが切り替え操作なしで可能な「クイックシフト・フォーカス・システム」も採用した。

 フィルター径は72mm。絞り羽根は7枚(円形)。最短撮影距離は0.35m。最大撮影倍率は0.26倍。最大径×全長は約78×94mm。重量は約488g。

 なお11月11日現在、本レンズと共にフォトキナ2014で参考出品されていた「大口径望遠ズームレンズ」および「超望遠ズームレンズ」についてのアナウンスはない。